PCSA類推値は17兆円? 業界ホール売上高の謎

2020.08.25 / 組合・行政

一般社団法人パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)は8月20日、臨時社員総会を行い、日本遊技産業経営者同友会(同友会)との合併を決議した。業界団体の再編という、重要な出来事である。

その社員総会において、第2号報告議案として興味深いデータが提出されていた。「PCSA DATA BASE 2020」と題された2ページの図表がそれである。「PCSA正会員20社にアンケートを実施し、その結果をもとにパチンコホールの業界全体の数字を類推」したものであり、以下のような値が掲載されていた。

 

パチンコホール売上高

PCSA類推値 (2020年3月、回答13社) 17兆192億円
ダイコクSIS白書公表値 (ダイコクSIS白書2020年版) 20兆円
レジャー白書公表値 (レジャー白書2019より) 20兆7000億円

 

PCSAの類推値は、参考となるほかの2つの団体による値より3兆円程度小さく見積もられている。割合にして15%となる、決して無視できない差である。これはどうしたことなのか。PCSAの事務局長を務める片山健太郎氏に伺ってみた。

「そうですね。理由というのは難しいですが、……PCSAの推計値というのは会員へのアンケートをもとにしたものです。それを考えると、ダイコクさんの値の方が実態を表しているかと思いますので、PCSAの会員企業の売上がやや低めであるということも考えられます」

規模の大きく、広くチェーン展開する企業が名を連ねるPCSAの売上が低いというのはなかなかすぐには頷けない話ではある。

 

他にも、「PCSA DATA BASE 2020」ではパチンコホールの雇用人数(21万8179人)やパチンコホール法人税納税額(815億円)といったデータを掲載。他業界との比較を行い、前者が自動車主要10社(20万8332人)をしのぐ値となること、後者がサービス業全体の法人税納税額1兆7063億円のうち約4.77%を占めることなどを示し、社会におけるパチンコホール業の重要性を確認した。

 

同友会と合併し、「一般社団法人MIRAIぱちんこ産業連盟」と生まれ変わるPCSAが、来年以降どのようなデータを公開していくのか、これからも注視していくべきだろう。

 

関連:パチンコの市場規模は20兆円、参加人口は890万人/レジャー白書2020

パチンコ・チェーンストア協会, PCSA DATA BASE 2020, MIRAIぱちんこ産業連盟, PCSA, 売上データ
M’sガーデン
楽園池袋店
四海樓air
アミューズ浅草店
333
e Re:ゼロから始める異世界生活 season2 M13
P FAIRY TAILこれが七炎竜の力だFSA
P緋弾のアリア ~緋緋神降臨~LT搭載FSZ
PF.炎炎ノ消防隊YR
Pゴブリンスレイヤー ラッキートリガーVer.JVR
Lパチスロ炎炎ノ消防隊
L押忍!番長4
Lスマスロ モンキーターンV
Lチバリヨ2
SマイジャグラーV
共闘 流行の共闘イベントで仮想敵を狙い撃ち
vol.213
共闘 流行の共闘イベントで仮想敵を狙い撃ち