ダイコク電機、スマスロ事業参入へ向け「ライリィ」を孫会社化

2023.03.20

ダイコク電機(名古屋市中村区、大上誠一郎社長)は3月20日開催の取締役会で、子会社であるパチンコ遊技機用ソフト開発を手掛けるアロフト(東京都千代田区、太田信久代表取締役)が、組み込みソフト受託開発会社・ライリィ(群馬県高崎市、田中健一代表取締役)の株式を取得し、孫会社化することを決議した。株式譲渡実行日は4月1日予定。

ダイコク電機では、株式取得の理由について「中期経営計画2022~2024」において、制御システム事業の重点施策として、「スマートパチスロ」事業に参入することで、事業規模の拡大を目指しており、自社開発体制構築のため、パチスロ開発体制の強化を推進している。ライリィは、設立以来、継続的にパチスロ開発を続けており、本件子会社化により、パチスロ開発の内製体制を獲得し、開発体制構築の早期実現が可能であると判断し、株式を取得することを決定した」と告知している。

また、今後の見通しとして、「本件の株式取得による今期の連結業績に与える影響は軽微であり、今後業績予想に修正の必要が生じた場合には、速やかに開示する」としている。

 

 

 

最新NEWSはPiDEA公式Twitterから!

ダイコク電機, スマートパチスロ, スマパチ, アロフト, ライリィ, スマスロ
四海樓air
楽園池袋店
成増会館
モナコ宝塚
マルハン池袋 SLOT BASE
e Re:ゼロから始める異世界生活 season2
P緋弾のアリア ~緋緋神降臨~LT搭載FSZ
P北斗の拳強敵SSPA
Pポチッと一発おだてブタ2 V1
P sin七つの大罪V3B
Lチバリヨ2
L忍魂参 ~奥義皆伝ノ章~
Lスマスロ モンキーターンV
Lゴジラ対エヴァンゲリオン AT
SマイジャグラーV
「ガイドライン第2版」と「質疑書」徹底解説! SNSとステマを使った広告宣伝の新ルール
vol.212
「ガイドライン第2版」と「質疑書」徹底解説! SNSとステマを使った広告宣伝の新ルール