フィリピン:政府,マニラ首都圏など強化隔離を再適用,8月18日まで~IR,3月15日より休業継続

2020.08.04 / カジノ
2020-08-04

【海外ニュース】

8月2日、フィリピン政府、ロドリゴ・デュテルテ大統領は、新型コロナウイルス(COVID-19)の隔離政策のアップデイトを発表。
前回アップデイトは、...

続きを読む
2020-08-04

【海外ニュース】

8月2日、フィリピン政府、ロドリゴ・デュテルテ大統領は、新型コロナウイルス(COVID-19)の隔離政策のアップデイトを発表。
前回アップデイトは、7月15日で、7月31日までの隔離期間を設定した。

8月4日から18日まで、マニラ首都圏を含むエリアを、強化隔離政策(Modified enhanced community quarantine, MECQ)に差し戻す。

フィリピン政府は、マニラ首都圏について、5月末まで強化隔離政策を適用してきたが、6月1日より一般隔離政策(General community quarantine, GCQ)に緩和。一般隔離政策は、ノンエッセンシャルな事業場の休業を求める。

ここにきて、高水準の感染拡大が続き、医療崩壊のリスクが高まったことから、再び強化施策を導入する。

この結果、カジノIRは、休業期間は、少なくとも8月18日まで継続へ。

ゲーミング当局(Philippine Amusement and Gaming Corp, PAGCOR)は、政府方針に沿い、カジノを含むすべてのゲーミング事業(PAGCORの規制対象)の停止を発令。
ゲーミング事業者は、3月15日より休業中。

マニラ首都圏の国際IR各社は、カジノフロアを休業。ノンゲーミング部門の対応(全面休業 or 部分開業)については、社別に対応が異なる(PAGCORは、ホテル、飲食店の営業は容認)。

国際IR4施設とは、マニラ首都圏(Entertainment City, Newport City)の以下の施設群。2019年度には、ゲーミング市場全体(カジノ、電子ゲームなど含む)の約7割を占有。

City of Dreams Manila(事業者:Melco Resorts Philippines)
Resorts World Manila(事業者:Travellers International Hotel Group)
Solaire Resort & Casino(事業者:Bloomberry Resorts)
Okada Manila(事業者:Tiger Resort, Leisure and Entertainment、ユニバーサルエンターテインメント子会社)

フィリピン:PAGCORトップ カジノ,6-7月の段階的再開に期待~3月15日より休業継続

6月8日、フィリピンのゲーミング管理当局(Philippine Amusement and Gaming Corp, PAGCOR)の議長CEOであるAndrea Domingo氏が、ICE Asia Digital 2020のキーノートスピーチを行った。

そこで、フィリピンのカジノ市場の再開展望について説明。ポイントは、
「フィリピンのランドベース・カジノは、6~7月の再開に期待」
「再開は、徐々に、段階的なものとなる。再開当初には、100%のワークフォース、ゲーミングデバイス活用にはならない」
「PAGCORは、これ以上の従業員解雇が発生しないことを望む」

フィリピン:マニラ首都圏の広域隔離,6月1日より緩和~ただし国際IR施設は休場継続

5月28日、ロドリコ・デュテルテ大統領は、6月1日よりマニラ首都圏などの外出・移動制限(広域隔離措置)を緩和すると発表。
ただし、フィリピンでは、5月28日、感染数が過去最大を記録しており、緩和は慎重なプロセスとなる。

6月1日の緩和により、高齢者と子供以外は、自宅待機が解消される。事業については、最大10人までの集団が容認され、職場、店舗、公共交通機関は再開可能となる。ただし、人々は、マスク着用、社会的距離の確保が求められる。

一方、観光施設(IR施設を含む)、学校、レストラン(店舗内飲食)は、引き続き休業が求められる。次の緩和の目途は、6月中旬となる。

フィリピン政府は、3月12日にマニラ首都圏の封鎖(期間:3月16日~4月14日)を発表し、その後、期間延長した。5月12日に、マニラ首都圏などの外出・移動制限(広域隔離措置)を5月末まで延長。

ゲーミング当局(Philippine Amusement and Gaming Corp, PAGCOR)は、政府方針に沿い、カジノを含むすべてのゲーミング事業(PAGCORの規制対象)の停止を発令。
ゲーミング事業者は、3月15日より休業中。

マニラ首都圏の国際IR各社は、カジノフロアを休業。ノンゲーミング部門の対応(全面休業 or 部分開業)については、社別に対応が異なる(PAGCORは、ホテル、飲食店の営業は容認)。

国際IR4施設とは、マニラ首都圏(Entertainment City, Newport City)の以下の施設群。2019年度には、ゲーミング市場全体(カジノ、電子ゲームなど含む)の約7割を占有。

City of Dreams Manila(事業者:Melco Resorts Philippines)
Resorts World Manila(事業者:Travellers International Hotel Group)
Solaire Resort & Casino(事業者:Bloomberry Resorts)
Okada Manila(事業者:Tiger Resort, Leisure and Entertainment、ユニバーサルエンターテインメント子会社)

PAGCORは、2020年のゲーミング産業市場目標(Gross Gaming Revenue)をPHP290 billion,YoY11%増(約6,080億円)としたが、その達成は困難な情勢。

5月26日、Okada Manilaは、従業員に宛てたレターにて、事業縮小、従業員削減の方針を発表。
ユニバーサルE Okada Manila 従業員1,000名以上を削減へ, 全体の1割強~新常態に備え

フィリピン 市場動向

フィリピン:20年度1Q統計 国際IR4施設GGR 736億円,YoY16%減~3月15日より休業中

6月末、フィリピンのゲーミング当局(Philippine Amusement and Gaming Corp, PAGCOR)が、2020年度1Qのカジノ市場(以下Gross Gaming Revenues, GGR)を発表。

2020年度1Q累計(1-3月)の市場は、PHP45,401mn,YoY14%減(約999億円)。
うち、マニラ首都圏の国際IR4施設の合計(Entertainment City)は、PHP33,455mn,YoY16%減(約736億円)、全体の74%を占有。

ゲーミング当局(Philippine Amusement and Gaming Corp, PAGCOR)は、政府方針に沿い、カジノを含むすべてのゲーミング事業(PAGCORの規制対象)の停止を発令。
ゲーミング事業者は、3月15日より休業中。

なお、2019年度(1-12月)の市場は、PHP216,389mn,YoY 15%増(約4,696億円)。
うち、マニラ首都圏の国際IR4施設の合計(Entertainment City)は、PHP165,284 mn,YoY17%増(約3,587億円)、全体の76%を占有。

国際IR4施設とは、
City of Dreams Manila(事業者:Melco Resorts Philippines)
Resorts World Manila(事業者:Travellers International Hotel Group)
Solaire Resort & Casino(事業者:Bloomberry Resorts)
Okada Manila(事業者:Tiger Resort, Leisure and Entertainment、ユニバーサルエンターテインメント子会社)

現在、フィリピン証券取引所の上場企業は、Bloomberry Resortsのみ。
Melco Resorts PhilippinesおよびTravellers International Hotel Groupは、2019年に同市場の上場を廃止した。
Tiger Resort, Leisure and Entertainmentは、同市場への上場を準備中。

フィリピン 2020年1Q(1-3月)カジノ市場(GGR)データ
合計=PHP216,389 mn,YoY15%増

<施設種別>
PAGCOR直営計=PHP7,608mn,YoY1%増
Entertainment City=PHP33,455mn,YoY16%減
Clark=PHP3,903mn,YoY39%増
Thunderbird=PHP435mn,YoY2%減

<顧客セグメント別>
PAGCOR直営計
– ノンジャンケット(マス)=PHP2,509mn,YoY21%減
– ジャンケット(VIP)=PHP1,672mn,YoY24%減
– EGM(電子ゲーム)=PHP3,427mn,YoY15%減

ライセンス(Entertainment City, Clark, Thunderbird)
– ノンジャンケット(マス)=PHP16,683mn,YoY1%増
– ジャンケット(VIP)=PHP10,126mn,YoY28%減
– EGM(電子ゲーム)=PHP10,984mn,YoY12%減

3月末 施設数およびデバイス数
PAGCOR(9ヵ所, 32サテライト)=テーブル486台, EGM(電子ゲーム)9,654台
Entertainment City(4施設)
– City of Dreams Manila(事業者:Melco Resorts & Entertainment)=テーブル305台, EGM 2,282台
– Resorts World Manila(事業者:Travellers International Hotel Group)=テーブル381台, EGM 1,929台
– Solaire Resort & Casino(事業者:Bloomberry Resorts)=テーブル394台, EGM 2,296台
– Okada Manila(事業者:Tiger Resort, Leisure and Entertainment)=テーブル411台, EGM 2,705台

 

フィリピン IR開発動向

現在、マニラ首都圏において、4つの大型のカジノを含む統合型リゾート(IR)が稼働中。

2017年3月、PAGCORのAndrea D. Domingo議長は、新規IR開発計画の新方針を発表。
その骨子は、
1)マニラ首都圏では、今後5年間は新規のIRライセンスを発行しない方針
2)マニラ首都圏以外のIR計画を推進。そのミニマム投資要件は3億米ドル(マニラ首都圏エンタテインメント・シティのミニマム投資要件は10億米ドル)

この方針にもとづき、PAGCORは、2017年5月、8月にそれぞれセブ州のラプ=ラプ市、マンダウエ市にIR計画を承認した。 また、マニラ首都圏では、Bloomberry Resortsの計画であるケソン市Solaire Northを承認(2023年後半に完成予定)。

2018年1月、ロドリゴ・デュテルテ大統領が、新たなカジノ開発の全面停止を表明。その後、PAGCORが承認済のプロジェクトも停止中。大統領令は、2022年まで継続見通し。

フィリピン IR開発動向

【マニラ首都圏】
<稼働中>
・ニューポートシティ マニラ国際空港隣接
 Resorts World Manila(Travellers International Hotel Group運営、2009年8月開業)
・エンタテインメントシティ
 Solaire Resort & Casino(Bloomberry Resorts運営、2013年3月開業、2014年11月Sky Tower拡張)
 City of Dreams Manila(Melco Crown Philippines Resorts運営、2014年12月開業)
 Okada Manila(ユニバーサルエンタテインメント、現地Tiger Resorts Leisure and Entertainment)=第一期投資額24億米ドル、2016年末開業
<新規開発>
・エンタテインメントシティ
 Westside City Resorts World Project(Travellers International Hotel Group)=Travellers部分の投資額12億米ドル、2020-2021年開業予定
・ケソン市(Quezon City)
 Vertis North Complex内IR(Bloomberry Resorts)=土地1.5ha、取得価額は19億PHP(約46億円)。投資額200億PHP(430億円)。2019年7月に掘削作業を開始。2023年後半完成の計画

【マニラ首都圏以外】
<新規開発>
・セブ州マクタン島ラプ=ラプ市
 Lapu-Lapu Leisure Mactan(Udenna Development Corp)=投資額3.41億米ドル、土地12.5ha。2019年に一部開業、2022年に完成予定
・セブ州マンダウエ市
 Millennium Pan-Asia Hotel and Resortの計画=投資額3億米ドル、2020年3Qに開業予定

 

オリジナルサイトで読む
MEGA FACE960飯塚
マルハン東根店
MEGA FACE1450本山
333
ピータイム津嘉山
Pぱちんこ仮面ライダー轟音M6
P大工の源さん超韋駄天YTA
Pスーパー海物語INジャパン2 SCB
P烈火の炎3 9AS1
Pカイジ沼4 S2A
Sいろはに愛姫
Sアナターのオット!?はーです
SLOTギルティクラウン
パチスロ 修羅の刻
マイジャグラーIV
新型コロナが促す組織・団体の大再編
vol.169
新型コロナが促す組織・団体の大再編