カジノ法案に慎重/公明党

2015.06.29 / カジノ

6月26日、朝日新聞によると、公明党の井上義久幹事長はカジノ法案について、「いろんな意味で問題がある。ギャンブル依存症の治療法や治療体制、そういうことに関わる専門家がいるのかどうか。国民に『これな...

6月26日、朝日新聞によると、公明党の井上義久幹事長はカジノ法案について、「いろんな意味で問題がある。ギャンブル依存症の治療法や治療体制、そういうことに関わる専門家がいるのかどうか。国民に『これなら大丈夫』ということを示すのが法案を提出したみなさんの責任ではないか。これは刑法(賭博罪)の例外をつくるわけですから、刑法の例外をつくるのは極めて重い話」として、慎重さを求める発言をしたことが分かった。

3月には井上幹事長は、カジノ法案について党議拘束をかける可能性を示唆。法案について、慎重な姿勢を示している。

 

ギャンブル依存症, 井上義久, 公明党
緊急事態宣言の先にある光
vol.174
緊急事態宣言の先にある光
マルハン亀有店
333
パチンコ22十文字店
マルハン東根店
四海樓air
P南国育ち5 9AU2
P物語セカンドシーズンGEE
P野生の王国5 M2-T
P野生の王国5 M-T YT800
PA新世紀エヴァンゲリオン シト、新生 決戦YR
Sいろはに愛姫
Sパチスロ バイオハザード7 レジデント イービル
SLOTギルティクラウン
マイジャグラーIV
パチスロ 聖闘士星矢海皇覚醒