「パチンコ店における地域防災に関する勉強会」を開催/日遊協九州支部

2021.12.15 / 組合・行政

11月25日、日遊協九州支部(新冨雅哉支部長)の「パチンコ防災推進部会」(山田篤部会長)が、日遊協九州支部事務所およびウェブ会議方式で「パチンコ店における地域防災に関する勉強会」を開催、44名が参加した。

山田部会長はあいさつで「近年、毎年のように全国各地で災害が発生しており、災害発生時には、防災のことを考えなければならないと思うが、実際には、日々の業務に追われ防災対策ができていないというのが現状である。この度、日遊協九州支部で、パチンコ防災推進部会を設立したので、この部会で防災対策を考えていきたい」と語った。

次いで新冨支部長が「このパチンコ防災推進部会は、パチンコ産業を取り巻くさまざまな環境がある中で日遊協西村会長の『パチンコ産業のあるべき姿』に進んでいくとの考えを推進すべく、立ち上げた。「パチンコ店が地域にあって良かったね」と言っていただけることは、私たちパチンコ産業のあるべき姿だと思う。そこで、まず第1回目の勉強会として、行政の見地から福岡県警察、パチンコ産業の見地から株式会社ダイナムによる、防災についての講演をしていただく」と述べた。

講演ではまずはじめに福岡県警察本部警備部警備課の相川大樹警部が「災害の現状および地域防災について」をテーマに、災害の法的位置付けや県内における近年の主な災害、企業の防災対策などを解説し「近年は、毎年自然災害が発生しており、企業による組織的な応急活動は被害拡大防止には大きな力を発揮する。企業の防災対策が重要である」と強調した。

次いで株式会社ダイナムリスク管理部管理業務担当マネジャー須藤暁氏が「多発する自然災害に対する対応について」をテーマに講演。ダイナムの事業継続(BCP)基本方針および危機管理体制、地震発生時の初動対応フロー、豪雨発生時の対応などについて解説するとともに、「ダイナムが取り取り組む防災対策として事業継続(BCP)の基本方針は『人命を守ること』『事業を継続させること』であり、そのための危機管理体制や初動対応フォロー、情報収集方法」について具体的な説明がなされた。

講演後、新冨支部長は「(講師と参加者への感謝の言葉に続き)災害は、必ずやってくる。待ってはくれない。各企業がきちんと防災対策できるように勉強会を重ねていきたいと考えているので、今後も参加してほしい」と呼びかけた。

 

※日遊協九州支部・パチンコ防災推進部会について

部会長は九州支部の山田篤氏。九州地区は台風、豪雨、地震など毎年多くの自然災害が発生しており、これに対応する必要があったこと、また日遊協西村会長の「パチンコ産業のあるべき姿に進んでいく」との考えを押し進め、「パチンコ店が地域にあって良かったね、と言っていただけるようなパチンコ産業の在り方」を具体化したいという考えのもと立ち上げられた。

第1回目の勉強会を2021年11月25日に開催し活動をスタート。今後は順次、部会員を募集し、会を拡大していく。(部会員は、九州支部会員限定。勉強会はオープン開催)

日遊協九州支部, パチンコ防災推進部会, 新冨雅哉支部長, 山田篤部会長, ダイナム
四海樓air
楽園池袋店
成増会館
モナコ宝塚
マルハン池袋 SLOT BASE
e Re:ゼロから始める異世界生活 season2
P緋弾のアリア ~緋緋神降臨~LT搭載FSZ
P北斗の拳強敵SSPA
Pポチッと一発おだてブタ2 V1
P sin七つの大罪V3B
Lチバリヨ2
L忍魂参 ~奥義皆伝ノ章~
Lスマスロ モンキーターンV
Lゴジラ対エヴァンゲリオン AT
SマイジャグラーV
「ガイドライン第2版」と「質疑書」徹底解説! SNSとステマを使った広告宣伝の新ルール
vol.212
「ガイドライン第2版」と「質疑書」徹底解説! SNSとステマを使った広告宣伝の新ルール