【東京】速やかに休業の判断を/都遊協

2020.04.21 / 新型コロナ最新情報

4月21日、都遊協は西村経済再生担当大臣による「パチンコ店に対する要請措置の強化検討」の表明を受けて、現在営業を続ける組合員に対し改めて速やかに休業するよう通達した。

通達においては、...

4月21日、都遊協は西村経済再生担当大臣による「パチンコ店に対する要請措置の強化検討」の表明を受けて、現在営業を続ける組合員に対し改めて速やかに休業するよう通達した。

通達においては、21日午前の会見で西村大臣がパチンコ店の現状を鑑み改正新型インフルエンザ等対策特別措置法45条の適用を検討していることに触れた上で「医療崩壊を防ぎ、1日も早い収束のため、現在も営業している組合員店舗におかれましては、各々のご事情は推察いたしますが、改めて速やかに休業するご判断をいただきたい」と記されている。

また、より拘束力の強い特措法45条の内容についても併記されている。
特措法45条では正当な理由なく要請に応じない場合、法的履行義務が生じる〝指示〟を出すことができる上に施設名が公表される。

 

 

新型コロナウイルス, 都遊協, 東京, 休業要請
マリーナサンライズ
333
ピータイムおもろ
ピータイム津嘉山
アムズガーデン泡瀬店
Pコードギアス 反逆のルルーシュbR
Pとある魔術の禁書目録JUA
CR聖戦士ダンバインFWN
P大工の源さん超韋駄天YTA
P戦国乙女6 M2AZ1Y
Sいろはに愛姫
Sパチスロひぐらしのなく頃に祭2
SLOTギルティクラウン
BLACK LAGOON2
沖ドキ!
2021年パチンコ業界7大予測
vol.173
2021年パチンコ業界7大予測