神保美佳コラム「久々に開けてみましたシリーズその2〜カップラーメン〜」

2016.10.24 / 連載

第回神保美佳のマニアックコラム「パチンコグッズ・パラノイア」

(関連記事:神保美佳コラム「大ヤマト2の煎餅を、12年ぶりに観察してみる」)

秋深し…という季節になって参りました。「の秋」...

第58回神保美佳のマニアックコラム「パチンコグッズ・パラノイア」

(関連記事:神保美佳コラム「大ヤマト2の煎餅を、12年ぶりに観察してみる」)

秋深し…という季節になって参りました。「●●の秋」なんて言いますけど、やはり私の場合は、ず〜〜っと「食欲の秋」がダントツでございます(笑)。

そんな今日この頃、小腹が空いてゴソゴソと部屋を漁っていたら、写真1のような素敵なカップラーメンを見つけました。いずれもパチンコ・パチスロの販促のために作られたもので、上の2つは『パチスロ北斗の拳』の「ラ王」、右下が『大江戸桜吹雪』の「緑のたぬき」、左下が『CR春夏秋冬』の「カップヌードル」です。どれも既製品のフタやカップ部分に、わざわざ機種やメーカーロゴなどをプリントしてあるところが素晴らしい。いわゆる「ダブルネーム」といいましょうか、マニアにとってはこの上ない貴重品であるといえますね。

ただ…これらは機種名でお察しの通り、遥か以前に作られたものであることは確か。賞味期限をチェックしてみたところ、写真2の緑のたぬきは2001年1月22日、カップヌードルは2008年10月9日でした。そして写真3のラ王たちは、2005年10月30日…。最新のものでも10年近く経っています。

とはいえ、一体これらの中はどんな状態になっているのか…? 気になりますよね? そこで、久しぶりに開けてみたシリーズとして、ラ王を思い切って開封してみることにしました。ちなみになぜラ王かというと、緑のたぬきとカップヌードルは中に直接麺などが入っているため、お見せできない状態になっている可能性が高い。一方、ラ王は中で麺やスープが真空パックになっているハズですので、案外状態はいいかもしれない…と、思ったからです。

さてそんな勢いで、念のため匂いやガスで倒れたりしないよう(笑)部屋の中の空調を目一杯強くして、ラ王ケンシロウバージョンのフタを開けてみました…(写真4)!! ……うわぁぁぁーーーっ、に、に、匂いがすごいです!! 写真でお伝えできないのが残念(?)ですが、ニンニクやら調味料やらの濃厚な匂いが、一気に吹き出して来ました。…はぁ〜、換気扇回してて良かった…。

そして一呼吸入れてから中身を取り出してみたところ、銀色のパッケージのスープやかやくなどは中が見えないからいいのですが、透明パッケージの麺は…見たこともないような濃い茶色と化しており、すぐさまビニール袋に隔離。そんなワケで、写真5が取り出した中身となっております。麺の色や状態は、ビニール袋の上から確認&想像して下さい。

いや〜、予想以上に命がけとなってしまったシリーズ第2回ですが、いかがでしたでしょうか。もちろん、この後でちゃんとしたラーメンを食べて暖まろうと思っております、はい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神保美佳(じんぼ・みか)

1990年、パチンコ好きが高じてOLからパチンコ業界誌記者に転身。93年にフリーとして独立。以降、「パチンコ必勝ガイド」やスポーツ新聞、一般誌、業界誌などで活躍。パチンコ関連グッズコレクターとしても有名で、これまでにパンフレットや遊技機の部品、展示会のお土産など数千点を収集。著書に「パチンコ大図鑑777」(白夜書房)、「パチンコ年代記」(バジリコ)など。ブログ「Pachinko MANIAC WORLD別館〜気まぐれ日記〜」も随時更新中。

CR春夏秋冬, お土産, パチスロ北斗の拳, 内覧会, 大ヤマト2, 大江戸桜吹雪, 展示会, 第57回神保美佳のマニアックコラム「パチンコグッズ・パラノイア」