右打ち2400×70% 10作目の衝撃「ルパンLAST GOLD」/平和

2018.10.26 / メーカー

10月25日、平和はパチンコ新機種「CR ルパン三世10LAST GOLD」のプレス発表会を上野ショールームで開催した。

「ルパン三世」シリーズは1998年に初代が登場した、...

10月25日、平和はパチンコ新機種「CR ルパン三世10~LAST GOLD~」のプレス発表会を上野ショールームで開催した。

「ルパン三世」シリーズは1998年に初代が登場した、平和を代表する人気タイトル。シリーズ20周年に発表された10作目「CR ルパン三世10~LAST GOLD~」は2015年に放送された30年ぶりのTVシリーズをベースにしており、青いジャケット着用のルパンが主人公として活躍。スペックは大当り確率約1/319.6の確変ループタイプで、確変割合は60%、通常大当り後の電サポは20 or 40 or 50 or 60 or 100回転(電サポ中は必ず100回転)。ヘソ大当り時の11R大当りは6個賞球の下アタッカー、2R大当りが15個賞球の上アタッカーが開放する。電サポからの大当り時は全て上アタッカーが開放し、さらに2400個大当りが70%とルパンシリーズ最高峰のスペックを搭載。右打ち中の大当りは確変、通常問わず100回転の電サポ「GOLDEN TIME」に突入、その間に様々なミッションから大当りを目指すというST機ライクなゲーム性になっており、さらにあらゆるタイミングで突入する「無敵」で確変&次回大当りまでの電サポが濃厚になるという変幻自在の楽しさが特徴になる。

導入日は1月上旬を予定。

©モンキー・パンチ/TMS・NTV

CR ルパン三世10~LAST GOLD~, LAST GOLD, モンキー・パンチ, ルパン三世, 平和