ホール40社が「省力化」を考えるセミナー参加/エース電研

2018.05.23 / メーカー

5月16・17日、株式会社エース電研は同社関西支社で無料のセミナーと設備展示会を開催した。

両日2部構成で行われた無料セミナーでは、...

5月16・17日、株式会社エース電研は同社関西支社で無料のセミナーと設備展示会を開催した。

両日2部構成で行われた無料セミナーでは、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所のチーフコンサルタント中辻寿夫氏が登壇。第1部「規則改正経過措置期間のM&A最前線」第2部「ホール経営の省エネ・省人化」をテーマに、ホール経営・マネジメント層向けの講演を行った。

展示会ではセミナーのキーワードである「省力化」のテーマに沿い同社製品や協賛メーカー製品を展示。同社主力製品の「ビルストリーム」の発展形となる「集合搬送装置」がデモ展示された。集合搬送装置は島内搬送にとどまらず島外へも紙幣を搬送できるシステムとなっており、島外搬送路数と集約金庫設置数の最適化を図った構成で、紙幣回収作業の省力化とセキュリティ向上に貢献できるものとなる。

また同時に展示されていた「集中代表ランプシステム」は島端代表ランプと無線連動し、呼び出しコースを即座に視認できる装置で昨今の従業員不足に伴う店内呼び出し遅延を軽減する。協賛メーカー各社は、メダル自動補給・回収システム、メダル各台計数機、台取り付け金具、傾斜装置など、省力化のコンセプトに沿った協賛展示を行った。

今回開催されたセミナー・展示会には関西支社の顧客を中心に、両日合わせて40法人以上が来場した。

エンタテインメントビジネス総合研究所, エース電研, セミナー, ビルストリーム, 中辻寿夫, 省力化, 設備展示会, 集中代表ランプシステム, 集合搬送装置