タイムリミットは8月末と年末/14団体声明

2016.06.28 / ホール

6月27日、遊技業界14団体は「遊技業界における健全化推進に関する声明」を決議、以下の2項目を発表した。

1. 私たちは、すべての「検定機と性能が異なるパチンコ遊技機」を本年末までに回収・...

6月27日、遊技業界14団体は「遊技業界における健全化推進に関する声明」を決議、以下の2項目を発表した。

1.    私たちは、すべての「検定機と性能が異なるパチンコ遊技機」を本年末までに回収・撤去してまいります。なお、日本遊技機工業組合から本年2月10日および3月2日に提示された回収対象遊技機については、本年8月末までに市場から回収・撤去してまいります。

2.    私たちは、ファンが身近で手軽に安心して遊技できる環境を整備してまいります。
以上

本声明により、業界14団体を挙げて1次、2次リスト機(45型式、13万6967台)は8月末までに、3次リスト機(95型式、58万9510台)は12月末までに回収・撤去を進めることになる。

なお、上記の件に関する記者会見が6月29日、日工組で開催される予定。

回収・撤去, 日工組, 検定機と性能が異なるパチンコ遊技機, 遊技業界14団体, 遊技業界における健全化推進に関する声明