グローリーナスカと北電子のコラボが実現/「遊動分析」発表

2016.09.15 / メーカー

9月14日、グローリーナスカ株式会社と株式会社北電子は、遊技客の動向を詳細に分析できる新機能「遊動分析」発売の合同記者会見を行った。

「遊動分析」とは、グローリーナスカの会員管理システム「P・...

9月14日、グローリーナスカ株式会社と株式会社北電子は、遊技客の動向を詳細に分析できる新機能「遊動分析」発売の合同記者会見を行った。

「遊動分析」とは、グローリーナスカの会員管理システム「P・BANK EXSIM」およびICカードシステム「G8 EXSIM」でによって実現するユーザー動向分析機能。この機能を北電子のホールコンピューター「VORFORCE(ボルフォース)」とシステム連携することにより、非会員であっても遊技時間や遊技金額など、プレイヤー動向がわかるようになる。従来よりも分析機能がさらにアップしたことが特徴となっている。

記者会見では、グローリーナスカ株式会社の代表取締役社長・井寄義孝氏、株式会社北電子の代表取締役社長・小林友也氏がそれぞれ登壇。今回のコラボが実現した経緯と今後の抱負を語った。

グローリーナスカの井寄社長は、「これまでホールコンピューターでは、来店客数やその動向が把握できませんでした。また、会員管理システムでは非会員のデータが取れない問題がありました。今回、北電子様と協力することにより、非会員も含めてすべての遊技客動向のデータをとれるようになりました。今後低射幸時代になっていくので、台管理目線ではなく、遊技客の目線にたった分析が重要になっていきます。この点を含めて、北電子様と現状の問題点や将来の方向性で意見が一致しました」と協力体制が生まれた経緯を語った。

一方の北電子小林社長は「当社は貸し玉ユニットを持っていないため、貸し玉ユニットのシェアを持つグローリーナスカさまと共同開発できることは将来的にみて大変ありがたいことだと思います。私どもが長年培ってきたホールコンデータ管理とグローリーナスカ様のユニット、それぞれのノウハウを融合させたものが『遊動分析』です。共同開発はまだはじまったばかりですが、両者の方向性は一致しておりますので、今後も協力しながらより良い製品を提供できるように全力で取り組んでいきたいです」と今後の抱負を語った。

「遊動分析」は2017年の1月から発売を予定している。


写真1は会見後に握手を交わすグローリーナスカの井寄社長(左)と北電子の小林社長(右)
写真2は会見場後方に設置された「遊動分析」の説明ブース
写真3は「遊動分析」概要を説明した立看板

カードシステム, グローリーナスカ, コラボ, ホールコン, ボルフォース, 井寄義孝, 会員管理, 北電子, 小林友也, 記者会見, 記者発表, 遊動分析