SANKYO「モーパイ」は4つ穴クルーンを狙え

2014.05.08 / メーカー

5月7日、SANKYOは「CRF.モーレツ宇宙海賊」の内覧会を東京支店ショールームで開催した。

「CRF.モーレツ宇宙海賊」は、2012年に放送されたテレビアニメ「モーレツ宇宙海賊」...

5月7日、SANKYOは「CRF.モーレツ宇宙海賊」の内覧会を東京支店ショールームで開催した。

「CRF.モーレツ宇宙海賊」は、2012年に放送されたテレビアニメ「モーレツ宇宙海賊」とのタイアップ機。主人公は女子高生で、宇宙を駆け巡る海賊として活躍する。ファンの間では「モーパイ」の愛称で親しまれている。スペックは2タイプあり、ミドルタイプ(R)は大当り確率1/297.8、確変突入率100%で110回転まで続くSTタイプ。ライトミドルタイプ(S)は大当り確率1/199.8でミドルタイプと同じSTタイプだ。大当りラウンドの決定システム「ガチタイム」が他機種とは一線を画す。大当り後に4つ穴クルーンを狙い、入賞した穴で決定する。パチンコユーザーはこれまでにない、ドキドキ感を体験できる。クルーンによる振り分けは、万全のゴト防止機能が施されているとのこと。納品日は6月15日を予定。

なお、内覧会が開催された東京支店ショールームには、羽根モノの名機をリメイクした「CRうちのポチーズ」(ジェイビー)も展示された。さまざまなV入賞ルートやラウンド振り分けは、羽根モノファンの注目を集めそうだ。

©2011 笹本祐一/朝日新聞出版・モーレツ宇宙海賊製作委員会