【4/6導入】P戦国BASARA【戦国創世RUSHはライトミドル最高峰の出玉性能】

2020.04.03 / メーカー

ニューギンのパチンコ新台「P戦国BASARA」の全国ホールへの導入が4月6日より開始される。

設置店検索はこちら

戦国パチンコに新たな英雄が参戦/P戦国BASARA

ニューギンは2月20日、...

続きを読む

ニューギンのパチンコ新台「P戦国BASARA」の全国ホールへの導入が4月6日より開始される。

設置店検索はこちら

■戦国パチンコに新たな英雄が参戦/P戦国BASARA

ニューギンは2月20日、都内台東区のショールームにて、パチンコ新台「P戦国BASARA」の内覧会を開催した。

■基本スペック
・大当たり確率 1/228.34
・賞球 2&1&3&5&15
・確変率 2%→92%
・ラウンド 4Ror6Ror8Ror10R(10C)
・出玉 約600個or約900個or約1200個or約1500個
・電サポ 大当たり終了後に100回or100回+α

シリーズ累計販売本数400万本超(2019年9月30日現在)のスタイリッシュ英雄アクションゲームを余すことなく再現した本機は、ライトミドルと高継続を組み合わせたスペック。初回大当たり(特図1)時の確変割合は2%で、残り98%は電サポ100回となり、ここでの大当たりで「戦国創世RUSH」へ突入させられるかがカギとなる。

「戦国創世RUSH」は電サポ100回+αまたは電サポ100回という状態で、大当たり(特図2)時の確変割合は92%となる。また、大当たり時の出玉(ラウンド数)が多いほど確変割合が高いため、継続の期待度も上昇する「勝號(しょうごう)システム」も特徴の一つだ。なお、1,500発獲得出来る10Rの割合は特図2全体の50%を占める。

一方で、RUSHが終了する可能性がある通常状態への転落契機は、大当たり時の振り分け(8%)、転落抽選(1/936.22)、リミット(7回)と様々。しかしながら、電サポ中の引き戻しを絡めることで多彩な展開が繰り広げられることになる。100回転目には継続ジャッジが行われ、101回転以降は大当たりor転落するまでRUSH継続だ。

導入開始は4月6日を予定している。

©CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.

【「P戦国BASARA」機種サイト】
URL:http://www.newgin.co.jp/pub/machine/basara/?link=1stBnr

【「P戦国BASARA」PV】

 

オリジナルサイトで読む