広告宣伝の配慮について求める/PAA

2020.04.09 / 新型コロナ最新情報

4月8日、一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)は緊急事態宣言発令に伴い、会員企業に対して広告宣伝自粛期間再検討期日を5月6日まで延長することを通達した。

また、...

4月8日、一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)は緊急事態宣言発令に伴い、会員企業に対して広告宣伝自粛期間再検討期日を5月6日まで延長することを通達した。

また、緊急事態宣言の対象7都府県で営業自粛をするホールがある一方、一般メディアなどからは業界に対する認識がいまだ厳しい状況にあり、評判保護のためにも配慮を強く求めている。

要点として以下の内容も併せて通達された。

● 広告宣伝の自粛判断ポイント
外出を伴うぱちんこ遊技を推奨、アピール、誘引することを控える
パチンコ・パチスロを趣味としない方への影響にも配慮する
※判断に迷う事例につきましては事務局までお問い合わせください。

● 対象期間: 本日~5月6日(水)
※対象期間は本日現在の判断であり、5月6日を自粛期間再検討期日とします。

● 対象地域: 全国。地域の実情に合わせた最適な判断をお願いします。

 

 

新型コロナウイルス, ぱちんこ広告協議会, PAA