藤商事、2020年3月期第1四半期決算短信、研究開発費が増加し赤字拡大

2019.08.23 / メーカー

藤商事は月日、年月期第四半期決算短信[日本基準](連結)を発表した。

 

年月期第四半期(年月日年月日)の連結経営成績は、売上高億万円(対前年同期比プラス・%)、営業損失億万円(...

続きを読む

藤商事は7月30日、2020年3月期第1四半期決算短信[日本基準](連結)を発表した。

 

2020年3月期第1四半期(2019年4月1日~2019年6月30日)の連結経営成績は、売上高44億4300万円(対前年同期比プラス2・6%)、営業損失9億1900万円(前年同期は3億7300万円の営業損失)、経常損失9億2200万円(前年同期は2億6700万円の経常損失)、四半期純損失7億600万円(前年同期は2億1100万円の純損失)で、増収減益となった。

 

期中、同社は人気タイトル「緋弾のアリア」のシリーズ機である「P緋弾のアリアⅢ 設定付」などパチンコ機を1万900台販売(前年同期は100台販売)。一方、パチスロ機における発売はなく(前年同期は1万1100台販売)、遊技機総販売台数は前年同四半期よりマイナス300台となった。

 

今後の取り組みとして同社は、「パチンコホールの収益に貢献できる稼働力を備えた遊技機の安定的な市場投入」に取り組んでいくとし、第2四半期以降にパチスロ機の新規タイトルの発売を予定するなど、通期でパチンコ機10万1000台、パチスロ機2万4000台の計12万5000台の販売を見込む。

 

なお、2019年5月10日に公表した業績予想に変更はないとしている。

 

[2019年8月23日・日刊遊技情報]

 

株式会社 藤商事
fuji_r_20190823

オリジナルサイトで読む
1
ダイナム佐世保店 ゆったり館
2
四海樓air
3
333
4
ワンダーランド小戸II
5
プラザ本店
1
P義風堂々!!〜兼続と慶次〜2 M6-X
2
P義風堂々!!〜兼続と慶次〜2 M3-X
3
P浜崎あゆみKG-JJF
4
Pトキオブラック4500V1
5
PAスーパー海物語INジャパン2 MG
1
Sカードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー
2
バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆
3
S南国娘2
4
マイジャグラーIV
5
沖ドキ!
貸玉価格引き上げか交換率変更か?
vol.158
貸玉価格引き上げか交換率変更か?