【パチスロ新台評価】『Sブラックラグーン4』機種評価公開

2020.03.28 / メーカー

パチスロ新台『Sブラックラグーン4(七匠)』の機種評価を公開致しました!


裏稼業ガンアクションのオトナアニメ「ブラックラグーン」もスロット4作目。

通常時は、レア役での高確移行・...

続きを読む

パチスロ新台『Sブラックラグーン4(七匠)』の機種評価を公開致しました!

 
 裏稼業×ガンアクションのオトナアニメ「ブラックラグーン」もスロット4作目。

通常時は、レア役での高確移行・直撃抽選も行なわれていますが、メインは5Gのロゴ点灯抽選ゾーン「レヴィチャージ」でのロゴ全点灯から、前兆・連続演出を経てのCZ-AT。

CZ-ATは、ベル5ナビ中に対戦相手抽選を行ない、その後3回の攻撃チャンスで敵を倒せばRUSH突入。

攻撃チャンスは、先制攻撃するか否か?に分岐があり、攻撃後はバーストアタック(継続率50~99%で連続攻撃を繰り返す)規定回数到達で特賞。

このCZ-AT演出が、これまでのバレットバトルのノリになっています。


 スペックは、色2択×押し順6択の純増9.0枚・ノンストップAT。

初当たりG%は1/684で、直撃時は40Gスタート、CZ-AT(①1/535)経由は上乗せ特化ゾーンスタート(平均50G・ミニマム30G)。

基本はレア役からのG数上乗せ、ノーチャンス感緩和として、ベルpt満タンでもレア役同様の抽選が行なわれます。
終了後の5Gは強レア役で引き戻し確定の引き戻しゾーンを搭載。

 バレット満タンでの無双感もシリーズの魅力でしたが、本機ではゲーム性を一新。
高純増ながら無抽選ゾーンなしの仕様になっており… 天井G数とG%の関係性から…

評価詳細はコチラ →『Sブラックラグーン4


©2006.2010広江礼威・小学館 / BLACK LAGOON政策委員会
©Spiky ©NANASHOW

オリジナルサイトで読む