「あの花」がデジハネ機で登場/デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

2020.01.27 / メーカー


サミーは1月23日、都内台東区のショールームにてパチンコ新台「デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(製造元:銀座)の内覧会を開催した。

昨年7月に導入された「...

続きを読む


サミーは1月23日、都内台東区のショールームにてパチンコ新台「デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(製造元:銀座)の内覧会を開催した。

昨年7月に導入された「Pあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」が、コンテンツの世界観をそのままに、より遊びやすい確率帯で楽しめるデジハネ機で登場となった。

■基本スペック
・図柄揃い確率 設定①1/99.9→1/9.54、設定⑥1/84.0→1/9.37
・賞球 3&2&3&4&5&5&9
・RUSH突入率 「かくれんぼちゃんす」約43% 「あのはなちゃんす」約36%
・ラウンド 4Ror10R(10C)
・出玉 約360個or約900個
・時短 大当たり終了後に1回or7回

スペックは一種二種混合機の6段階設定を採用。通常時、ヘソの大当たりが7図柄なら「龍勢RUSH」へ直行。7図柄以外の大当たりなら終了後に時短1回+残保留4個の抽選となる「かくれんぼちゃんす」に突入、ここで大当たりを獲得できれば「龍勢RUSH」へ突入するといった流れ。(時短1回+残保留4個でのRUSH突入率は約43%)また、通常時は電チューロング開放となる「あのはなちゃんす」発生でもRUSH突入のチャンスとなっている。(最大4回転でのRUSH突入率は約36%)

「龍勢RUSH」は時短7回+残保留4個。継続率は約70%OVERで、右打ち中の大当たり割合の80%が10ラウンドとなっている点がポイント。

導入開始は3月上旬を予定している。

©ANOHANA PROJECT ©Sammy

 

■「デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の製品サイトを公開/サミー

サミーは1月23日、「デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(製造元:銀座)の製品サイトを公開した。

サイトには、スペック等の基本情報と特徴の他、作品紹介が掲載されている。

【「デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」製品サイト】
URL:https://www.sammy.co.jp/japanese/product/pachinko/2020/degihane_Panohana/index.html

©ANOHANA PROJECT ©Sammy

 

■パチンコ新台「デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」発売/サミー


サミーは1月21日、パチンコ新台「デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(製造元:銀座)を発売することを発表した。

本機は、2019年8月にホール導入が開始された「Pあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のライトバージョン機。3月上旬より全国のホールに導入開始予定となっている。

ニュースリリースはこちら

©ANOHANA PROJECT ©Sammy

オリジナルサイトで読む
333
ダイナム佐世保店 ゆったり館
モナコ宝塚
四海樓air
パチンコ22十文字店
P花の慶次〜蓮L16-V
P魔法少女リリカルなのは2 XCB
CR聖戦士ダンバインFWN
CR真北斗無双FWN
CR真・花の慶次M2-K1
Sパチスロ青鬼
沖ドキ!
マイジャグラーIV
沖ドキ!-30
パチスロ 修羅の刻
IR疑獄とカジノ管理委員会
vol.162
IR疑獄とカジノ管理委員会