【特別企画】平均アウト5万個オーバー! PiDEA編集部「新・必殺仕置人」〝秒殺〟体感レポート

2019.07.10 / その他

7月9日、愛知県にあるサンシャインKYORAKUの3店舗にて「ぱちんこ 新・必殺仕置人」のフィールドテスト初日が行われました。PiDEA編集部では「秒殺V-ST」...

7月9日、愛知県にあるサンシャインKYORAKUの3店舗にて「ぱちんこ 新・必殺仕置人」のフィールドテスト初日が行われました。PiDEA編集部では「秒殺V-ST」と謳われる最新機種をいち早く体感するため、導入初日に名古屋市中区にあるサンシャインKYORAKU栄へと向かいました。

京楽の必殺シリーズといえば、パチンコ機の中で知らぬ者はいないであろう人気シリーズ。故・藤田まことが演じる中村主水を主人公とした人気時代劇で、原作ファンの中高年層を中心に支持を集めてきました。今回の「ぱちんこ新・必殺仕置人」は過去のシリーズ機とは一線を画すスペック、演出を搭載していて注目度も高い機種です。今週から導入がはじまった「P牙狼冴島鋼牙」と合わせてお盆前の入れ替えの目玉と言われています。

2018年に行われた規則改正で、パチンコには出玉速度に関する規制が入り、新規則機の大当り(確変中)の消化スピードが遅いというユーザーの意見が目立っています。そんな中で「秒殺V-ST」という速さをウリにした本機は、ユーザーにどのような印象を与えるのか。自身もパチンコ大好き人間として、ユーザー目線で感じた本機の遊技感想を最速でお伝えしていきます。

 

●仕事人から仕置人に変わりつつも、演出面に違和感無し
今回は機種名にも使われている通り、過去の仕事人シリーズよりも古い作品「新・必殺仕置人」とのタイアップ機。
中村主水も登場しますが、主人公はあくまでも念仏の鉄です。しかし、シリーズ機ということでデフォルメキャラの通常演出や実写映像などは仕事人シリーズと良い意味で変わらずといった印象。遊技してみてもギミック演出「鉄拳クラッシュ」や「主水系リーチ」「7図柄テンパイ」が大チャンスなど、演出の強弱がわかりやすく、原作シリーズ好きの中高年層はもちろん、仕事人シリーズを好むファンも違和感なく遊技できると感じました。

●ループタイプの確変から速さがウリのV確変ST機に変更
仕事人シリーズといえば、海シリーズ同様に確変ループタイプの印象が強いですが、前作「仕事人V」は小当りラッシュ搭載と、新たな仕様に挑戦しているイメージもあります。
今回も新たな仕様を採用しており、通常時50%で確変に突入するV確変STタイプです。継続率85%という高継続のST機となりました。
そんなSTですが、消化中はほとんどストレスを感じることがない気持ち良さ。いきなりギミックが発動して当たったり、リーチハズレ後に死神が出て復活大当りしたりと爽快感とドキドキ感を合わせた演出が目白押しです。そして〝秒殺〟と評されるST消化スピードは確かに速く、130回転で当たらず消化した時間はおよそ5〜7分程度。今回の実戦では初当りから運良く確変に突入し、11連で約10,000個の出玉を獲得できましたが、それも約30分くらいと、2時間あれば十分に勝負したいと感じさせるスピードでした。

●他の遊技客からも「速い」の声
1回の大当り出玉が少ない分、旧規則機と比較すれば実際の出玉スピードは確かに劣るかもしれません。しかし、STの消化時間が短いため体感的には「北斗無双」よりも速いと感じました。新規則機で比較すると「ゴッドイーター」や「ハーデス」は1種2種混合機なので、出玉スピードが速いですが、130回転のST演出を楽しみながら速さも体感できる機種としては現状唯一無二のスペックではないでしょうか。
他の台で遊技しているユーザーにも話を聞きましたが、「ST中は速くて、当たれば気持ち良い」「STの出玉速度は今のパチンコ機の中でもかなり速いと感じる」と、〝秒殺〟の速さが好印象という意見が目立ちました。

●2021年の撤去に向け、新規則機の可能性を感じさせる「仕置人」
2021年1月末で現存のCR機を撤去しなくてはならない中で、新規則で人気を獲得できる機種を全国のホール関係者が待ち望んでいるでしょう。旧規則機が残る中でのスペック比較では「出玉性能が低い」「消化スピードが遅い」などの意見で苦戦が続いている新規則機ですが、実戦後に店舗関係者へ聞いたところ本機は平均アウトが50,000個以上だったそうです。最大差玉も栄店で29,900個、平針店で48,920個、南店で53,540個と好結果を出したとのこと。
中高年層向きのコンテンツと、若者が好む高継続ST機は相反するイメージもありましたが、各店ともに広い世代の遊技客が打っていたそうです。

旧規則機にいつまでもしがみつくのではなく、新規則機の柱として、本機のようなスペック面、コンテンツ面で広い世代から支持を集めそうな機種がホールを支える屋台骨になってくれれば、旧規則機の入れ替えももっとスムーズに進むのではないでしょうか。長期稼働に期待したい「新・必殺仕置人」レポートでした。

写真1:立ち見客も多かった「新・必殺仕置人」コーナー
写真2:約30分で約1万個の出玉を獲得
写真3:52回大当りで約45,000個の出玉を獲得した台も
写真4と5:店舗入り口や店内に飾られた「仕置人」の装飾

ぱちんこ 新・必殺仕置人, サンシャインKYORAKU, 京楽, 仕事人
オーガ3ヶ月

やっぱり京楽さんはユーザのツボをついてる演出ですね!

返信する 0
こうちゃん3ヶ月

今後の遊技機も稼働が良くなって欲しい

返信する 0
たく3ヶ月

仕事人の稼働開始が楽しみです。

返信する 0
あめみぃ3ヶ月

消化スピード、継続率などスペック面が魅力的である反面、演出面に変わりばえがなくコンテンツを仕置人に変更する必要があったのかは疑問が残る。

返信する 0
きみお3ヶ月

久しぶりに京楽からヒット機種?コンテンツ的には不安もありますが、期待してます!

返信する 0
1
ダイナム佐世保店 ゆったり館
2
四海樓air
3
333
4
ワンダーランド小戸II
5
プラザ本店
1
P義風堂々!!〜兼続と慶次〜2 M6-X
2
P義風堂々!!〜兼続と慶次〜2 M3-X
3
P浜崎あゆみKG-JJF
4
Pトキオブラック4500V1
5
PAスーパー海物語INジャパン2 MG
1
Sカードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー
2
バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆
3
S南国娘2
4
マイジャグラーIV
5
沖ドキ!
貸玉価格引き上げか交換率変更か?
vol.158
貸玉価格引き上げか交換率変更か?