なんでもできてしまう、中途半端な「スーパーマン」になってしまうワケ(林秀樹)

2019.11.15 / 連載

【金曜】ド底辺ホール復活プロジェクト
コンサルティングの現場より(239)時間管理

 

皆さん、こんにちは。アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の林です。

...

【金曜】ド底辺ホール復活プロジェクト
コンサルティングの現場より(239) 時間管理

 

皆さん、こんにちは。アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の林です。

どの業界でも人手不足が叫ばれており、パチンコ店の現場でも総じて慢性的な人手不足となっています。そうなると店長や主任など役職者は、それこそ「スーパーマン」のようにいろいろな仕事を掛け持ちすることになり、どうしてもすべてが中途半端な出来になってしまう傾向があります。今回はそういった傾向から脱却するためにはどうすればいいかについてお伝えします。

 

なぜ中途半端になってしまうのか。それは一言でいえば「受け身の仕事」になっているからだといえます。例えば、

・稼働が落ちてきたから、入替を多めにしようと動き出す

・スタッフが減ったから、募集をかけようと動き出す

・故障したから、修理をしなければと動き出す

など、「現象が起こってから手当てに動きだす」というように対応が後手後手になっているケースがほとんどです。

これらは往々にして自分が取り掛かっている仕事の途中で舞い込んできたりするので計画的な行動がおぼつかなくなり、結果的にどれも「まあ、このくらいでいいか。」というような中途半端な仕事になってしまうのです。これではいい仕事=結果を手にする仕事にはなり得ません。

こうならないためには「ABC時間管理」という考え方を取り入れるとよいです。これは「能動的な行動」と「優先順位付け」に効果があります。この「ABC時間管理」という考え方は、

・Aタイム・・・自分で決めた行動をする時間

・Bタイム・・・予定外で舞い込んだ行動をする時間

・Cタイム・・・予備の時間

というように行動を分類します。

基本的にはAタイムが多ければ多いほど自分の決めた計画に沿うわけですから、計画どおりに行動できます。しかしもちろんBタイムをなくすことはできません。そして「受け身の仕事」はBタイムに当たります。ここで考えるべきことは、

・Bタイムになりそうな事案をAタイムに組み込むこと

です。上記の例でいえば、

・稼働が落ち込む前に行動する計画を立てる

・スタッフが減る前に行動する計画を立てる

・故障する前に修繕計画を立てる

です。行動管理=スケジュールをしっかりと定め、優先順位を明確にしておくことでBタイムはAタイムに組み込むことができるのです。

また、Cタイムの効果的な配分も必要です。

・情報収集時間

・フォローアップ時間

などを行動計画に組み込んでおき常にスケジュールに余裕を持たせることで、突発事項=BタイムのせいでAタイムに充てた時間を減らすことはなくなります。

 

中途半端な仕事を繰り返すと自分自身のモチベーション、ヤル気も減退しいつの間にか「適当」が染みついてしまいます。本気、全力で取り組めば必ず結果を得られます。そのためにも時間管理、行動計画をしっかりと立てて、何事にも中途半端にならないようにしてほしいと思います。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社 代表取締役 林秀樹
同社ホームページはこちらをクリック

1972年生まれ、福井県出身。大学卒業後、遊技機販売商社勤務を経てパチンコホール企業へ。エリア統括部長、遊技機調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな調整技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。著書に「ジリ貧パチンコホール 復活プロジェクト」(幻冬舎)がある。

ド底辺ホール復活プロジェクト, アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社, 林秀樹
オリエントヴィーナスホール
四海樓air
サンシャイン具志川店
ワンダーランド小戸II
スーパーハリウッド1000観音店
PA元祖大工の源さんWBE
P 13日の金曜日ZB
PぱちんこAKB48ワンツースリーフェスティバルL1
CR聖戦士ダンバインFWN
P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪FW設定付
Sマジカルハロウィン7
S喰霊−零− 運命乱
S天下布武4
バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆
Sパチスロ トータル・イクリプス2
PiDEAWARD2019
vol.160
PiDEAWARD2019