「春一番」最新作も6段階設定付き/西陣

2018.10.26 / メーカー

10月24日、西陣はパチンコ新機種「P春一番花札昇舞」の内覧会を西陣上野ビルショールームで開催した。

1993年から続く西陣の人気シリーズ、花札をモチーフにした「春一番」...

10月24日、西陣はパチンコ新機種「P春一番~花札昇舞~」の内覧会を西陣上野ビルショールームで開催した。

1993年から続く西陣の人気シリーズ、花札をモチーフにした「春一番」の最新作が設定付となって登場。「P春一番~花札昇舞~」のスペックは安定感のあるV確変ループタイプで、大当り確率は1/209.38(設定1)~179.55(設定6)の6段階設定を搭載。確変割合はヘソが51%で電チューが65%、通常大当り後の電サポは50 or 100回転。ヘソ大当りの10%で、また電チュー大当りの50%で新規則機のフルラウンドである10R大当り(払い出し出玉は1080個)が期待できる。演出はシリーズらしいゴージャスなものとなっており、高期待度の春一番リーチも健在。また通常時は毎変動配られる液晶上部の花札で、その後の展開を示唆するのが特徴になる。

導入(納品)日は来年の1月6日を予定。

©NISHIJIN

P春一番~花札昇舞~, 春一番, 花札, 花札昇舞, 西陣, 設定付パチンコ