5.5号機中古価格高騰の謎 -後編-

SLOTギルティクラウン人気の秘密に迫る!開発者インタビュー

2018.4.23 更新

中古価格が急激に高騰する5.5号機

 

2015年12月からの自主規制によって誕生した5.5号機。昨年9月末を持って新台販売が終了された。
その後、今年の年明け頃より5.5号機の中古価格が高騰している。この高騰の背景には、規則改正に伴う認定機の増加や、5.5号機が増産できないといった要因が存在していた。

後編となる本記事では、新台価格を超え100万円台に達した人気機種の秘密に迫っていく。

 

『SLOTギルティクラウン』ってなんで人気なの?
開発者&ユーザーに聞きました

 

前編公開時の中古価格ランキングで、トップは三洋の「パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒」、2位はエレコの「SLOTギルティクラウン」、3位が北電子「ファンキージャグラー」、4位が三洋「パチスロ笑ゥせぇるすまん3 笑撃のドーン」となっていた。
ジャグラーを除けば3機種ともが5.5号ART機で、聖闘士星矢・笑ゥせぇるすまんは市場でも人気の度合いが見て取れるし価格が高くワケもわかる。しかし、SLOTギルティクラウンはどうだろう?
設置店舗・台数が少ないためか〝大人気〟なのか分かりづらい。しかし、価格が高騰していることから大きな需要があるのは事実。隠れた人気機種であることは間違いない。
このイマイチ分かりづらい人気を探るために、通称「ギルクラー」と呼ばれるファンたちにTwitterで意見を募り、さらにユニバーサルエンターテインメントに密かなヒットの理由を聞いてみた。
ギルクラーたちが答えたSLOTギルティクラウンの〝ここが好き〟は「楽曲」が45%、「内部システム」が41%だった。「版権」が突出していない点を考えると、どんな稀役(レア役)でもARTに当選するCZ「ヴォイドチャンス」のシンプルさと複雑なRT移行などのゲーム性が一般のパチスロユーザーにも人気を得ているのかもしれない。

 

ユニバーサル広報に聞く!

 

インタビューに応じてくれたユニバーサルエンターテインメント 広報担当の山本学さん

密かなヒットが起こっている理由は何でしょうか?

山本さん(以下略・山) 開発陣の想いが詰まった機種なので考えられる理由はたくさんありますが、人気の最大要因としては「自力感」を推したゲーム性と世界観を徹底的に表現したこだわりですかね。稀役確率が変動する6段階のRTがCZやARTステージ、高確などと絡み合うことで他にはない独特の「自力感」を楽しんでいただけていると思います。
さらに、導入からしばらくたってからファン雑誌で特集を組まれたことで改めて注目されたこともあるでしょう。導入初期はコンテンツファンからの人気があり、その後はゲーム性の魅力がパチスロファンへ広がっていったと思います。

ギルティクラウンというコンテンツを選んだ理由は?

 開発者の中にこのアニメのファンがいて、加えて「ヴォイドランク」や「王の能力」、「歌」など原作の世界観や要素がパチスロと親和性が高いと考えて出来上がりました。

 

ギルクラー達の質問に開発者が答える

 

開発秘話などありますか?

開発(以下略・開) やはり原作の世界観を細部までこだわって再現したことです。一確目となる確定チェリー(左リールにリプレイ・チェリー・リプレイ)は3つある「ヴォイドゲノム」のうちの1本を使用するシーンを再現したデザインになっています。他にも細かいデザインでのこだわりが多数あります。
さらにサウンドにもこだわりました。BGMはもちろん、ヴォイドストック獲得時のSEは映像と合わせて開放感を感じてもらえるように何度も試行錯誤しました。

なぜ6段階もRTがあるんですか?

 5.5号機で押し順が自由になると通常時からRTが変動するようになります。元から数段階のRT状態を持っている機種がほとんどなのです。しかし、そのような開発の都合をただ押し付けるのではなくRT移行を違和感なく遊技に組みこもう、という発想が元です。そこに「自力感」を絡め、稀役確率を変動させたり最上位のRT5は7揃い高確でART直撃契機となるようにしました。RT5滞在中のハラハラ感は他では体験できないものに出来上がったと思っています。

「歌複合」はどうやって生まれたんですか?

 原作で「歌が聴こえる」という表現があります。主人公の桜満集がヒロイン楪いのりの存在を感じた時の表現なのですが、これをユーザーの皆さまにも体感してほしいというのが趣旨です。単なる演出ではなく、サブ液晶で発生して他の演出と〝複合〟する手法を取っているのはそのような理由です。
そして、楽曲のAメロ→Bメロ→サビというステップ構成がパチスロの期待感ステップアップと親和性が高いと考え、これを生かした前兆として搭載しました。
また、「聴こえる」と感じてもらうために、視覚ではなく聴覚で演出の発生や継続に気づいていただけるよう歌が先に流れてそのあとに映像が追いつくように工夫しています。レバーやボタンなどの操作とあえて一致しないようにこだわって作りました。原作のように「いのりの歌が聴こえる!」と感じていただけたら嬉しいですね。

ファンの皆さまへメッセージ

 旧基準AT機が現存する中でSLOTギルティクラウンをご遊技いただきありがとうございます。小台数ながらこうして取り上げていただけるようになったのは皆さまのご支持があってこそだと思います。多くの新台が登場する中で、一度触ってあまり出なかったら打たなくなることも多いとは感じています。しかし、すべての機種で開発者はこだわりを持って作っていますので、何度も打ち込んでもらえればそのこだわりが伝わると考えています。SLOTギルティクラウンに関しては台数が少なくなってきているので打つ機会は減ると思いますが、ぜひ何度も触って何度も当ててもらえれば嬉しいです。今後もご期待に添えるよう、他機種にはないゲーム性を搭載した遊技機を開発してまいりますので、今後ともユニバーサルエンターテインメントをよろしくお願いいたします。

全国のホールへのメッセージ

 SLOTギルティクラウンは独自性を持った遊技機ですので、ご来店されるお客様の層がマッチすればきっと結果に結びつく商品です。まだ導入いただいていない店舗さまもぜひご検討いただけると幸いです。
すでに導入いただいている店舗さまは大事に使っていただきありがとうございます。これからも末永くご使用いただけると幸いです。

 

低射幸性化に向かっての機種選定

 

今回取り上げた「SLOTギルティクラウン」は聖闘士星矢などに比べると設定6の出玉率はそこまで高い部類には入らない。しかし、隠れた人気機種として確かな需要があるわけだ。
出玉に頼らず、コンテンツやゲーム性での魅力を推し出した機種もユーザーからの人気を得られることがわかった今、射幸性の高い機種からの脱却も可能ではないだろうか。出玉は抑えられるがゲーム性が広がる6号機の登場が刻一刻と迫っている。ユーザー離反を防ぐためには「SLOTギルティクラウン」のような機種に力を注ぎ、ユーザー意識を勝ち負けだけでない遊技本来の楽しみに向けさせなければいけない。

 

【5.5号機中古価格高騰の謎 前編はこちらから】

【TOPページに戻る】