PiDEA ニュース

連載•その他

藤崎敏郎「褒める風土は業績を向上させます」

2016.06.03

【金曜】藤崎敏郎の人材育成セミナー
第100回「 プロセスを褒める」

私が社員研修で無意識におこなっている褒め方があります。それは結果も褒めるのだけれど、プロセスを褒めることです。

例えば、初めてのアルバイトさんの指導で慣れないながらもがんばって教えている社員には「素晴らしい」と教えることにチャレンジしていることを褒めています。結果は、まだ出ていませんが、頑張る姿勢を褒めています。プロセスを褒められて、結果を出すという成功体験を持った社員は、自分からチャレンジするようになっていきました。

そして、プロセスを褒められると、意外そうな顔をする人がいます。今まで結果について褒められたことはあっても、プロセスを褒められたことがなかったからです。

仕事の中で何かの目標を持った時に、何度も挫折しそうになることがあります。その時、プロセスを褒められた社員は、アンカーが入っているので、挫折しそうな状況も楽しむことができるのです。(*アンカー=記憶を呼び起こす条件づけのこと)

そのために上司にとって大切なことはプロセスを見てあげることだと思っています。プロセスを褒めることができないのは、見ていないからなのかもしれません。だから、部下を褒めるのは結果だけになりがちなのです。

プロセスを褒めるのは仕事もプライベートでも、とっても大切なことです。まずは、ご家族のいる方は、ご家族のプロセスを褒めることをやってみたらいかがでしょうか。研修の受講者の方々の嬉しかったことの発表で、妻が毎日お弁当を作ってくれるという人がいました。美味しいお弁当を作ってくれたというのは結果です。プロセスを褒めるとしたら、そのために毎朝、早く起きていること。美味しい食材を選んでいること、そして、愛情を込めてお弁当を作ってくれていること、このようなプロセスを褒めることをやってみるといいのかもしれません。

会社でも結果として毎朝、事務所が綺麗だとしたら、それは、綺麗だという結果を褒めているかもしれませんが、毎朝、早く来て掃除をしてくれる人がいるからです。「毎朝、掃除をしてくれてありがとう!」と、その人のプロセスを褒める一言をかけてみましょう。

「結果だけでなく、プロセスを褒める」社員どうしの心の絆を強くするコツの一つかもしれません。このようなプロセスを褒める上司のいる会社は、企業風土がとても良くなっていきます。もちろん、業績も向上していきます。まず、会社を辞める人がいなくなるでしょう。

●新刊案内!3月25日 藤崎敏郎の新刊が出ました!!
「ぐんぐんと部下が育つリーダーの55の成功習慣」-信頼されるリーダーになるための教科書―(セルバ社、ペンネーム藤咲徳朗)次がアマゾンサイトになります。
http://www.amazon.co.jp/dp/4863672578/

●リーダー能力向上研修のご案内
店舗のリーダー研修に最適!組織全体に変化をもたらします。良い習慣を身に付けたリーダーが育成できます。結果として、部下育成能力が高まるので、社員・アルバイトの定着率が向上し、業績も向上します。自立型リーダー育成に最適な社員研修だと好評です。
http://p-link.co.jp/pdf/leader_training.pdf

●自著『ムチャぶりで人を育てる23のコツ』(セルバ出版/刊)好評販売中!!アマゾン注文サイトはこちらになります。http://www.amazon.co.jp/dp/4863672047

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯プロフィール 藤崎敏郎(ふじさきとしろう)
・株式会社パートナーズリンク社長 ホームページ⇒http://p-link.co.jp

元セブン&アイグループの本社スタッフ。パチンコ企業にスカウト採用され、営業部長、そして、社内大学のメイン講師として活躍。その後、キャリアコンサルタントと社労士資格を取得して独立。社員研修と人事コンサルティングで日本各地を飛び回っている。これまでのコンサルティング企業数は延べ300社以上、研修の受講者数は15万人を超える。業界誌にも複数連載し、ナンバー1社員研修講師と評判が高い。

関連記事

ニュース一覧へ