PiDEA ニュース

連載•その他

藤崎敏郎「教育熱心な上司ほど思考停止部下をつくる」

2016.03.11

【金曜】藤崎敏郎の人材育成セミナー
第88回「教えるのではなく、気づかせるのが上等」

部下の仕事を見ているとたくさんの課題が見つかると思います。それが気になるので、全部を指摘して改善したくなるかもしれません。それが、上司としての役割だと思っている人もいるでしょう。結果として、それで最高の結果がでていたとしたら問題ありませんが、心理学でいうと、部下は上司の言われたことをやっているだけなので仕事の楽しさを感じることができません。では、どうしたらいいかというと、教えることをやめることも上手な教え方の一つだと理解しておきましょう。

例えば、仕事の問題に気づいたとしたら、部下に「どうしたら良くなると思う?」と聞いてみるのです。上司は、「なるほど」「それで」などと相槌を打つだけです。部下が言葉に詰まったとしても、部下が考えている時間は待つのです。本の少しでも良いアイデアが出たとしたら、「それいはいいね!」と共感するのです。すると、さらに部下はいろいろなことに気づくことができるきっかけができます。

人材育成の究極は、何も言わなくても自分から課題を見つけてチャレンジして改善していく自立型人材を育てることです。そのためには、〝自分で気づく力〟を養わないとなりません。まずは、上司の指導で気づかせるようにしましょう。そのためには、教え過ぎないことです。得てして、たくさんのことを教えたとしても、部下の耳に入っているのは言ったことの半分です。頭に残っているのは、その半分以下です。そして、実際に行動したかどうかとなると一つあれば良い方です。「あんなに言ったのに、やっていないではないか」という上司がいたとしたら、たくさん言い過ぎているからかもしれません。一度に言うのは一つだけにして、後は本人に気づかせるように指導しましょう。


●【ついに概要決定!JAMCA会員サービス】
詳しくはJAMCAホームページ内でご確認ください。
http://jamca.net/member/
お申込みはまだ始まっておりませんが、もし内容に関してのお問い合わせなどございましたら、下記アドレスにご連絡いただけますでしょうか。
info@jamca.net

JAMCA会員サービスは、パチンコ業界のコンプライアンスの先駆者として、最新&質の高い情報を提供するよう、努めて参ります。ぜひ、ご期待ください!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯プロフィール 藤崎敏郎(ふじさきとしろう)
・株式会社パートナーズリンク社長 ホームページ⇒http://p-link.co.jp
・一般社団法人日本アミューズメントコンプライアンス協会理事長 ホームページ⇒http://www.jamca.net/

元セブン&アイグループの本社スタッフ。パチンコ企業にスカウト採用され、営業部長、そして、社内大学のメイン講師として活躍。その後、キャリアコンサルタントと社労士資格を取得して独立。社員研修と人事コンサルティングで日本各地を飛び回っている。これまでのコンサルティング企業数は延べ300社以上、研修の受講者数は15万人を超える。業界誌にも複数連載し、ナンバー1社員研修講師と評判が高い。

関連記事

ニュース一覧へ