PiDEA ニュース

連載•その他

藤崎敏郎「やらなくていいことを決めるということ」

2016.09.30

【金曜】藤崎敏郎の人材育成セミナー
第117回「決断すること」

経営者と話をすると、最近、多い話題が『決断』です。特に、やらないことを決断することを話される経営者が多いです。

決断とは『意志をはっきりと決定する』ことです。やるべきことをやるためには、やらなくていいことを決断しなければならないと話しているのです。

これまでは、やるべきことをどんどん決断してきたそうです。その結果、やるべきことだらけで、どれも中途半端であり、いつの間にかやらなくなっていることがほとんどだそうです。
優秀な経営者ほど、やるべきことに集中しています。そのためには、やらなくていいことを決めています。その時の観点は二つあります。
① 自分がやらなくていい
② そもそもやらなくていいこと

自分がやらなくていいことを決めるためには、例えば、1カ月間、自分がいなかったとしたら、誰にどの仕事を任せられるかを考えます。そして、そのとおりに仕事をずっと任せるのです。残った仕事だけをやるようにします。

そもそもやらなくていいことを決めるためには、仕事を全否定します。そのためにどんな仕事にどれくらいの時間をかけているかを調べてみましょう。すると、驚くべき結果がでてきます。どの仕事も少しは役には立っていると思いますが、本当にそれが求められている仕事かどうかを考えてみましょう。何のためにその仕事をしているのかを考えると、必要がないという仕事が見つかるかもしれません。そして、同じような仕事を他の人が同じタイミングでやっているケースもあるかもしれません。

ヒントが見つかったら、決断をすることです。決断とは二つの選択の道があったとしたら、一つの道で行くと決めることです。もう一つの道を断つことです。もう一つの道にすれば良かったと未練たらしく言うことのないように、一つの道に決めたら、そこに全力を尽くすことが決断なのです。


●10月25日(火)午後1時半より、「~褒める・認める企業風土を作りたい経営者のための~『褒め言葉カードセミナー』」を東京で実施いたします。セミナーサイトはこちらです。→http://p-link.co.jp/pdf/homekotoba20161025.pdf

●リーダー能力向上研修のご案内
会社のリーダー研修に最適で、組織全体に変化をもたらします。良い習慣を身に付けたリーダーを育成できます。部下育成能力が高まるので、社員・アルバイトの定着率が向上し、業績も向上します。自立型リーダー育成に最適な社員研修だと好評です。
http://p-link.co.jp/pdf/leader_training.pdf

●好評販売中!藤崎敏郎の新刊の増刷が決定しました!!
「ぐんぐんと部下が育つリーダーの55の成功習慣」
-信頼されるリーダーになるための教科書―(セルバ社、ペンネーム藤咲徳朗)次がアマゾンサイトになります。リーダーとして成功するコツを書いています。
↓http://www.amazon.co.jp/dp/4863672578/

●自著『ムチャぶりで人を育てる23のコツ』(セルバ出版/刊)好評販売中!!アマゾン注文サイトはこちらになります。http://www.amazon.co.jp/dp/4863672047


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●プロフィール 藤崎敏郎(ふじさきとしろう)
・株式会社パートナーズリンク社長 ホームページ⇒http://p-link.co.jp
元セブン&アイグループの本社スタッフ。パチンコ企業にスカウト採用され、営業部長、そして、社内大学のメイン講師として活躍。その後、キャリアコンサルタ ントと社労士資格を取得して独立。社員研修と人事コンサルティングで日本各地を飛び回っている。これまでのコンサルティング企業数は延べ300社以上、研修の受講者数は15万人を超える。業界誌にも複数連載し、ナンバー1社員研修講師と評判が高い。

関連記事

ニュース一覧へ