PiDEA ニュース

連載•その他

藤崎敏郎「〝優先順位〟が段取りの悪い部下を作るのです」

2016.03.18

【金曜】藤崎敏郎の人材育成セミナー
第89回「やらなくていいことを言うのが、優秀な上司」

仕事の段取りが悪くなかなか仕事が終わらない部下を見ると、つい、「仕事の優先順位を決めてやりなさい」と言いたくなると思います。言ってもムダです。言っても治りません。仕事ができない人は、仕事の優先順位を自分で決めることができないからです。できないから、上司から見ると、どうもいいような仕事にたくさんの時間をかけてしまうのです。そして、本当にやって欲しい仕事には手をつけていなくて、優先順位の低いものに手をつけていたりします。

これは上司の部下指導の問題だと割り切って、部下指導の方法を変えましょう。ドラッカーは大切な仕事に集中すること、そして、やらなくていいことを決めることがポイントだと著書の「マネジメント」に書いています。

この二つを満たすためには、劣後順位を決めるのです。劣後順位とは、やらなくていいことの順番を決めるのです。上司の指導のポイントは、段取りが悪い部下には、やらなくていいことをしっかりと言ってあげることです。仕事ができる優秀なリーダーは、これが上手です。部下はやらなくていいことを言われるので、やるべきことに集中ができるのです。

毎日の自分の仕事のやり方もこれでうまくいくケースがあります。緊急に仕事が飛び込んで来たときなどです。たくさんの仕事がある中で、やらないといけないことを考えると身動きができなくなるかもしれません。その時に、今やらなくていいことを先に決めて“やらない”と決断するのです。すると、やるべきことが見えてきて動き出すことができます。

大切な仕事に集中するためにやらなくていいことを決めましょう!


●【ついに概要決定!JAMCA会員サービス】
詳しくはJAMCAホームページ内でご確認ください。
http://jamca.net/member/
お申込みはまだ始まっておりませんが、もし内容に関してのお問い合わせなどございましたら、下記アドレスにご連絡いただけますでしょうか。
info@jamca.net
JAMCA会員サービスは、パチンコ業界のコンプライアンスの先駆者として、最新&質の高い情報を提供するよう、努めて参ります。ぜひ、ご期待ください!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯プロフィール 藤崎敏郎(ふじさきとしろう)
・株式会社パートナーズリンク社長 ホームページ⇒http://p-link.co.jp
・一般社団法人日本アミューズメントコンプライアンス協会理事長 ホームページ⇒http://www.jamca.net/

元セブン&アイグループの本社スタッフ。パチンコ企業にスカウト採用され、営業部長、そして、社内大学のメイン講師として活躍。その後、キャリアコンサルタントと社労士資格を取得して独立。社員研修と人事コンサルティングで日本各地を飛び回っている。これまでのコンサルティング企業数は延べ300社以上、研修の受講者数は15万人を超える。業界誌にも複数連載し、ナンバー1社員研修講師と評判が高い。

関連記事

ニュース一覧へ