PiDEA ニュース

連載•その他

三木流、押忍番長Aの評価は?

2018.02.10

【土曜】三木貴鎬のパチスロ機械選定セミナー
※2月10日現在、PiDEA.webログイントラブルにつき、一般公開しております。

皆さんこんにちは! 190回目になりました。今回は大都技研製「押忍!番長A」(納品4/1~)の評価です。「押忍!番長」が今度はノーマルAタイプになって登場。多くのノーマルAタイプの新台が登場する中、導入すべきか試打してきました。


<ボーナス>
■スーパーBIG:最大304枚+RT50G
■ノーマルBIG:最大260枚+RT20G
■REGボーナス:最大106枚

<確率&出玉率>
4段階設定

■BIG確率
設定①:1/273
設定②:1/273
設定④:1/237
設定⑥:1/241

■REG確率
設定①:1/331
設定②:1/273
設定④:1/331
設定⑥:1/241

■ボーナス合成確率
設定①:1/150
設定②:1/137
設定④:1/138
設定⑥:1/121

■出玉率
設定①:98.5%
設定②:101.4%
設定④:105.2%
設定⑥:109.7%

<通常時>
ベース:33~35G/50枚
コイン単価:2.3円

<RT>
現状維持タイプ

■RT
青7後:50G
赤&白7後:20G
REG後:無し
RT中の演出は歴代番長シリーズの4つから選択可


<感想>
筐体は「盗忍!剛衛門」と同様のもので、「番長3」のようなサブ液晶は搭載されていません。液晶演出は「番長3」のものを少しアレンジしたものででそこまで変わり映えはしませんが、「番長3」の液晶演出の完成度はスロット史上最高だったので、本機の演出クオリティも高レベルです。

スペックはA+RTのBIG後に必ずRTが付いてくるタイプ。ノーマルBIGの枚数を260枚に抑えたことで合成確率が甘く、さらにRTも搭載されているスペックになりました。

設定は4段階でボーナス確率が少し変則的。偶数設定はBR比率が1:1となっており、設定2を使えば「設定6かも」という勘違いで稼働は伸ばせそうです。ただ、その設定2の出率が101.4%と非常に甘く、設定2をメインで使用すれば利益は残りません。「まどかマギカA」も同様に奇数偶数の判別があり、設定2を混ぜないと稼働が伸びませんが、設定2を使えば利益が残らず、多台数では運用できない結果となりました。

また同じ大都の「クレアの秘宝伝2」も演出の出来がよく面白い台でしたが、複数台並べて設置しても稼働はイマイチで、バラエティーの1~2台なら現役で活躍しています。

液晶付きのノーマルAタイプは、5号機初期のエヴァシリーズしか実績がありません。ノーマルAタイプはヒットすれば長持ちする傾向にあるので多台数の購入は、導入後の実績を見てからの後追いも視野に入れましょう。

バラエティーコーナーでは「まどマギA」「タイムクロス2」「クレアの秘宝伝2」も重宝しているので、1~2台の購入をオススメします。

------------------

★今後の新台発売スケジュール(予定)★

2/4~乙女マスターズ(オリンピア)
2/4~新世紀エヴァンゲリオンまごころを君に(ジェイビー)
2/4~戦場のヴァルキュリア(サミー)
2/18~GATE(NET)
2/18~鬼若弁慶(ボーダー)
2/18~コンチネンタルゼロ(ユニバーサルブロス)
3/4~ビッグアップ(ヤーマ)
3/4~ニューシオサイ-30(パイオニア)
3/4~超GANTZ(スパイキー)
3/18~マイケルジャクソン(SANKYO)
3/18~ドリームクルーン500(オーイズミ)
4/8~不二子2タイプA(オリンピア)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三木貴鎬(みき・たかし)

1972 年生まれ。中央大学商学部卒。神奈川県をはじめ、東京都や千葉県などのスロ専で勤務。グループの複数店舗を指揮する統括部長などを歴任し、 2007年に株式会社エスサポートを立ち上げ独立、経験を生かしてコンサルタントに転身する。2010年に都内にモデル店舗としてスロ専をオープン。現在もパチスロを中心に精力的にセミナー や講演会を行う。info@slot-support.co.jp

関連記事

ニュース一覧へ