PiDEA ニュース

連載•その他

三木流、ドリームクルーンの評価は?

2018.02.24

【土曜】三木貴鎬のパチスロ機械選定セミナー
※会員限定公開の連載記事でしたが、一般公開に切り替えました。

皆さんこんにちは! 192回目になりました。今回はオーイズミ製「ドリームクルーン」(納品4月上旬)の評価です。3穴クルーンをモチーフにした新コンセプトの新台がオーイズミから登場します。

<ボーナス>
■BIG:約276枚
(青7BIG:赤7BIG=約3:7)
*青7BIGの方がARTが伸びやすい

<確率&出玉率>
■BIG確率(青7&赤7合算)
全設定共通:1/489

■クルーン発生確率
設定①:1/94
設定②:1/104
設定③:1/94
設定④:1/105
設定⑤:1/93
設定⑥:1/98

■クルーン大当たり確率
設定①:1/5.2
設定②:1/4.7
設定③:1/5.2
設定④:1/4.6
設定⑤:1/5.2
設定⑥:1/5.0

■出玉率
設定①:97.8%
設定②:98.5%
設定③:100.4%
設定④:103.2%
設定⑤:105.1%
設定⑥:108.0%

<通常時>
ベース:31.2G(設定1)~36.6G(設定6)
コイン単価:3.4円(設定1)

<ART>
純増1.0枚/G
枚数管理タイプ??

■フリーズ
青7揃いの1/36で発生。
7R、10R、15R のいずれか確定(均等振り分け)


<感想>
筐体は上部液晶のオーソドックスなタイプで役物は搭載されていません。液晶には常に3穴クルーンの実写が映し出されています。その実写の左右の少しの縦長のスペースで、ドット演出が発生します。ドット演出は良い意味でチープ&クラシカルなものですが、シンプルで見ていて楽しい演出です。

1/100ほどで発生するクルーンチャンス時には3穴クルーンの動画が再生されます。実写ビデオ内で玉が投入され、当たり穴に玉が入れば大当りが確定。玉が当たり穴に入る確率は約1/5。実写ビデオでの演出なので、結果はすでに決まっている見せかけの演出ですが、意外と手に汗握る興奮を味わえました。

スペックはA+ART。詳しい仕様が発表されておらず、ARTの継続の仕組みなどは不明です。ボーナスが成立するとクルーン動画が成功する完全告知のA+ART機で、ボーナス後には必ずARTに突入。ボーナスとARTの獲得枚数が合算で500枚が最低保障されています。

ボーナス開始時からART終了までの間、液晶画面ではラウンド消化をしているような見せかけの演出が流れ、1Rで約100枚獲得、最長15Rまで継続します。実際にはA+ART機ですが、見せ方を工夫して「3穴クルーンに成功すれば最低でも500枚は獲得できる1発台」として作り込まれていました。ボーナス確率は全設定共通ですが、千円ベースの違いで、ARTの獲得枚数にも設定差が生まれ出率の差となっているようです。

初当り確率が1/489と重く、初当たりまで約15,000円と5.9号機としては投資が嵩みます。有利区間には上限があるので、一撃の最大獲得は1700枚程度で、投資と見返りのバランスは悪い印象。中身のスペックを知らずに打っていると楽しめそうですが、中身の仕組み、スペックを知ってしまうと「意外と夢がない」ことに気づいてしまい稼働は伸び悩みそうです。

客滞は短い台ですが「クルーン1回だけの勝負!」と、ワンチャンス狙いで打ちたくなる台なので、バラエティーに1台だけ目立つ場所に設置しておけば長期で活躍しそうな新台です。中大型店では、バラエティーに1台オススメ。

4台以上で値引きが15万円/台と非常に大きいので、チェーン店の場合、どこかの店舗で4台導入して、それをすぐに各店に1台ずつ振り分けるのが得策かと思われます。

------------------

★今後の新台発売スケジュール(予定)★

2/4~乙女マスターズ(オリンピア)
2/4~新世紀エヴァンゲリオンまごころを君に(ジェイビー)
2/4~戦場のヴァルキュリア(サミー)
2/18~GATE(NET)
2/18~鬼若弁慶(ボーダー)
2/18~コンチネンタルゼロ(ユニバーサルブロス)
3/4~ビッグアップ(ヤーマ)
3/4~ニューシオサイ-30(パイオニア)
3/4~超GANTZ(スパイキー)
3/18~マイケルジャクソン(SANKYO)
3/18~ドリームクルーン500(オーイズミ)
4/8~不二子2タイプA(オリンピア)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三木貴鎬(みき・たかし)

1972 年生まれ。中央大学商学部卒。神奈川県をはじめ、東京都や千葉県などのスロ専で勤務。グループの複数店舗を指揮する統括部長などを歴任し、 2007年に株式会社エスサポートを立ち上げ独立、経験を生かしてコンサルタントに転身する。2010年に都内にモデル店舗としてスロ専をオープン。現在もパチスロを中心に精力的にセミナー や講演会を行う。info@slot-support.co.jp

関連記事

ニュース一覧へ