PiDEA ニュース

連載•その他

【金曜】藤崎敏郎「経営者の時間感覚を読み違えるな」

2016.02.26

藤崎敏郎の人材育成セミナー
第86回「スカウト社員はいつから、その会社の社員になればいい?」

スカウトされて新しい会社の社員になったとしたら、いつから、その会社の社員になればいいのでしょうか。

どうしてこんなことをいうのかというと「この会社は、こんなことができていないんだよね」「もっと、こうしたらいいのに」「だいたい、ここの社員は報連相ができていない」という声をスカウトされた幹部社員が話しているのを何度も聞いたことがあるからです。採用されてから二年も経っていました。(私が在籍していた会社でした)

いつから、その会社の社員になるかというと手続きでは、入社した日からです。しかし、ほとんどの人が、心の中では入社した日からではありません。心も入社した日に、その会社の社員になりましょう。スカウト社員は能力があることを見込まれて採用されています。給料や地位も特別待遇のはずです。それが、二年経っても同僚や部下批判をしていたら、おそらく社長から愛想を尽かされるでしょう。

「ゆっくりと落ちついてから本格的に仕事をしてくれ」と、だいたいの社長は言うでしょう。社長のこの言葉に嘘はありませんが、社長はその期間が著しく短いことも知っておきましょう。おそらく創業社長の限界は、スカウトした社員が営業部長だとしたら、おそらく一カ月程度です。店長だとしても二カ月程度が限度でしょう。社長はスカウトした社員には、本人が気づいた問題を解決して欲しいと思って採用しています。気づいて文句を言うだけで解決できないスカウト社員は無能だと判断します。特に一流企業からスカウト採用されて中小企業の幹部社員に採用された人は注意しなければなりません。中小企業の社長の時間軸はとても短いのです。ドッグイヤーという言葉があります。成長の速い犬にとっての1年は人間の7年に相当するという意味があります。中小企業の社長と社員との時間の差はドッグイヤーだと思っていて間違いありません。例えば、じっくりと成果を出せばいいと言われると、社員は1年くらいかけていいと思いがちですが、社長は3カ月以内にはなんらかの成果を出してくれと言っているのです。

◎【アミュコンセミナーDXを3月10日に開催】
アミューズメントコンプライアンスセミナーDXで、「かとく」について藤崎が分かりやすく説明いたします。3月10日午後1時から東京開催です。⇒http://jamca.net/2016/01/27/seminar20160310/

藤崎の講演テーマは、「企業の存続の危機!労務倒産続出!!」
~長時間労働、パワハラ、セクハラ、労基署、メンタルヘルス、就業規則などの対策不備で倒産!!~ 企業の存続のために必要なことをQ&Aで解説します。テレビ番組「ガイアの夜明け」を見た方から、詳しく教えて欲しいと言われたので、緊急対応することにしました。

内容の詳細は、協会ホームページをご覧ください。お申し込みもこちらから可能です。
http://jamca.net/2016/01/27/seminar20160310/

◎【緊急!!アミューズメント・コンプライアンスセミナー実施】
2月26日(金)に東京、3月11日(金)に大阪にて、緊急のアミューズメントコンプライアンスセミナーを実施いたします。内容の詳細は下記をご覧になってください。
http://jamca.net/2016/01/30/amucon20160226/

 ●【ついに概要決定!JAMCA会員サービス】
詳しくはJAMCAホームページ内でご確認ください。
http://jamca.net/member/
お申込みはまだ始まっておりませんが、もし内容に関してのお問い合わせなどございましたら、下記アドレスにご連絡いただけますでしょうか。
info@jamca.net
JAMCA会員サービスは、パチンコ業界のコンプライアンスの先駆者として、最新&質の高い情報を提供するよう、努めて参ります。ぜひ、ご期待ください!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯プロフィール 藤崎敏郎(ふじさきとしろう)
・株式会社パートナーズリンク社長 ホームページ⇒http://p-link.co.jp
・一般社団法人日本アミューズメントコンプライアンス協会理事長 ホームページ⇒http://www.jamca.net/

元セブン&アイグループの本社スタッフ。パチンコ企業にスカウト採用され、営業部長、そして、社内大学のメイン講師として活躍。その後、キャリアコンサルタントと社労士資格を取得して独立。社員研修と人事コンサルティングで日本各地を飛び回っている。これまでのコンサルティング企業数は延べ300社以上、研修の受講者数は15万人を超える。業界誌にも複数連載し、ナンバー1社員研修講師と評判が高い。

関連記事

ニュース一覧へ