PiDEA ニュース

連載•その他

【金曜】藤崎敏郎「禁煙できない?したくない?」

2015.10.31

※新刊「ムチャぶりで人を育てる23のコツ」がAmazonビジネス書ランキング1位!

※日曜日から金曜日に移動しました!

藤崎敏郎の人材育成セミナー

「禁煙する」という人は多いです。何度も宣言する人がいます。しかし結局、できていません。これって、つまり、本当はやりたくないことなのです。このことが分かるテストをしましょう。例えば、自分ができないと思うことを紙に書いてみてください。「私は~~ができない」という文章を全部で3つほど書き出してみましょう。ただし、「空を飛ぶ」など常識的に「できない」ことは除きます。なるべく、日常生活の中で「できない」と自分が思っていることを書き出していきます。例えば、①私は本を読むことができない、②私はタバコを止めることができない、③私はお酒をやめることができないなどです。

この後に、書き出した文章の「できない」と思うことを「しない」という文章に直してみます。(例)①私は本を読むことができない→私は本を読まない。②私はタバコを止めることができない→私はタバコを止めない。③私はお酒を止めることができない→私はお酒を止めない、と。

すると、「できない」「無理だ」「不可能だ」と思っていたことが、実は自分の選択だったことが分かるのではないでしょうか。できないことは、それをやろうと本気で思っていないことが本当の理由なのです。無意識の潜在意識の中でやりたくないと思っていることが原因なのです。

そんなことはないと反論する人に、「タバコを止めたらすぐに現金で三億円もらえるとしたら、それでもタバコを吸いますか?」「その一本のタバコを吸ったら毒が入っているので、すぐに死ぬとしてもタバコを吸いますか?」と聞くと、「それなら止める」と言うはずです。できないというのは、実は「しない」あるいは「本当はしたくない」という言いわけなのかもしれません。

今回の格言は

「できないと思うことは本当はやりたくないことかもしれない!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社パートナーズリンク社長 藤崎敏郎

元セブン&アイグループの本社スタッフ。その後パチンコチェーン店に入社。機械担当部長、営業部長として勤務する。その後、人事コンサルタントとし て独立。社員研修と人事コンサルティングで日本各地を飛び回っている。これまでに教えた受講者は10万人以上。業界誌にも複数連載し、ナンバー1社員研修講師と言われている。取得資格:キャリアコンサルタント、販売士1級、社労士、米国NLPマスタープラクショナルコース修了、トレーナーコーチ、メンタル ヘルスマネジメント2級、宝地図ナビゲーター、レイキティーチャー、エネルギーマスターなど

http://p-link.co.jp/index.html(ホームページには各誌の書いた原稿を掲載中)

関連記事

ニュース一覧へ