PiDEA ニュース

連載•その他

【金曜】藤崎敏郎「一生かけて部下育成する覚悟」

2015.09.04

※新刊「ムチャぶりで人を育てる23のコツ」がAmazonビジネス書ランキング1位!

※日曜日から金曜日に移動しました!

藤崎敏郎の人材育成セミナー

新入社員の指導に悩まれている方々が多いことを仕事の悩み相談で分かっています。入社して約5ヶ月過ぎているのに、いまだに仕事のやる気がない、社会人としての自覚がない、などと悩んでいるのです。「やる気がないなら入社してこなければ良かったのに」「辞めればいいのに」と、思いながら指導をしているケースもあります。指導をしているのならまだいいでしょう。完全に無視をするようになっているケースもあります。そして、そのような気持ちは、いつの間にか新入社員や部下にも伝わっています。本当に入社して半年以内に辞めていくのです。退職者が多い店舗や会社は、このような空気が伝染していることを見てきました。新入社員に限らず、その他の部下指導に悩んでいる方々にアドバイスするとしたら、次のことになります。

一生をかけてその新入社員や部下を育てるという覚悟がありますか。部下の能力を把握したり、分析したりする前に、そして、ダメな新入社員、部下と判断する前に、教える上司自身が一生をかけて教えると覚悟を決めていますか。会社から報酬をもらっている人は、全員プロのはずです。その報酬の中には、部下指導の対価も入っているのです。だから、プロとして絶対にあきらめないと覚悟を決めましょう。例えば、自分の子どもが社会人になって会社で簡単にダメだと判断されたら、親として怒ると思います。その子どもが、今、目の前にいる新入社員や部下だと思えば、絶対にあきらめないはずです。

それに、やる気のない部下、能力の低い部下がいる上司は、部下指導について学ぶチャンスをもらったから、とても幸せなことなのです。どうしたら、やる気を出させることができるか。分かってもらえるかと考えて指導をするようになるので、教える人が成長できるのです。そして、もし、教えるときのコツがあるとしたら、相手を好きになることです。好きになるには相手のことを知ることです。雑談などを楽しむ時間をとりましょう。いいところをどんどん見つけましょう。この新入社員や部下を幸せにすると覚悟をしましょう。すると、部下指導がうまく行くでしょう。

今回の格言は、「覚悟を先に決めよう!」

自著『ムチャぶりで人を育てる23のコツ』(セルバ出版/刊)好評販売中!!アマゾン注文サイトはこちらになります。http://www.amazon.co.jp/dp/4863672047

本は書店でも購入することができます。書店に置いてない場合は、タイトルと出版社名を言っていただければ取り寄せてくれますので、管理職用にたくさんご購入したい方がいましたら、書店での購入をお勧めいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社パートナーズリンク社長 藤崎敏郎

元セブン&アイグループの本社スタッフ。その後パチンコチェーン店に入社。機械担当部長、営業部長として勤務する。その後、人事コンサルタントとし て独立。社員研修と人事コンサルティングで日本各地を飛び回っている。これまでに教えた受講者は10万人以上。業界誌にも複数連載し、ナンバー1社員研修 講師と言われている。取得資格:キャリアコンサルタント、販売士1級、社労士、米国NLPマスタープラクショナルコース終了、トレーナーコーチ、メンタル ヘルスマネジメント2級、宝地図ナビゲーター、レイキティーチャー、エネルギーマスターなど

http://p-link.co.jp/index.html(ホームページには各誌の書いた原稿を掲載中)

関連記事

ニュース一覧へ