PiDEA ニュース

連載•その他

【金曜】藤崎敏郎「営業部長のやり方にもの申す」

2016.01.08

藤崎敏郎の人材育成セミナー
第79回「逃げ道を残しておくこと。徹底的に追い詰めない」

営業部長時代にいつも気を付けていたことがあります。それは、部下の能力に合わせて指導をすることです。例えば、会議中に店長の発表を聞いているとたくさんの問題点や改善点に気づくことができました。できるだけ店長の意見を聞くようにしていました。そして、営業部長としての自分の考えを伝えるようにしていました。もちろん、店長からの問題解決案では、不明瞭な意見やあいまいな意見もありました。質問を繰り返して何らかの解決策を導き出せるケースもありますが、あいまいなままで終わるケースもありました。店長が会議中に自分の意見をまとめることができないケースです。

このようなケースで徹底的にあいまいさを追求する営業部長もいます。営業会議の場で徹底的に店長を追及して、反省や改善を強く要求する営業部長です。店長の能力不足を会議で改善するようにしたいと思う営業部長の意図は分かります。しかし、営業部長と店長が強い絆で結ばれていればうまくいきますが、それがないと店長のモチベーションは下がります。能力の向上は、会議ではできないからです。そもそも、店長の指導を日々のOJTで実施していなかった営業部長の能力不足が、会議での店長の発表で露呈しているだけのことなのかもしれません。こんなケースで、店長の心の声が聞こえてきませんか。「普段、何の指導もしてくれなくて、相談も乗ってくれなくて、会議の時につるし上げられたらやる気がなくなる。こんな営業部長の下では仕事がしたくない。会社を辞めよう」

店長の会議の発表で問題があったとしても、最後は逃げ道を残しておくことも大切なのです。徹底的に追い詰めないことです。怒り過ぎないことです。あいまいさを残しておくことも大切なことなのです。そして、気づいたあいまいな点は、後日、個別に指導をしましょう。それはOJTかもしれませんし、集合教育での研修になるのかもしれません。その際も店長の意見であいまいさが残っているケースがあるでしょう。それを根気強く何度も繰り返し教えていくのが営業部長の仕事なのです。

 ●得する情報!
一般社団法人日本アミューズメントコンプライアンス協会(通称JAMCA=ジャムカ、協会理事長は藤崎敏郎)が新しく会員サービスをスタートします!!サービス内容は盛りだくさんとなっておりますので、詳しくはこちらのWEBページをご覧ください。
http://jamca.net/member_a.html

●リーダー能力向上研修のご案内
店舗のリーダー研修に最適!組織全体に変化をもたらします。良い習慣を身に付けたリーダーが育成できます。結果として、部下育成能力が高まるので、社員・アルバイトの定着率が向上し、業績も向上します。自立型リーダー育成に最適な社員研修だと好評です。
http://p-link.co.jp/pdf/leader_training.pdf

●自著『ムチャぶりで人を育てる23のコツ』(セルバ出版/刊)好評販売中!!アマゾン注文サイトはこちらになります。http://www.amazon.co.jp/dp/4863672047

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯プロフィール(藤崎敏郎)

・株式会社パートナーズリンク社長 ホームページ⇒http://p-link.co.jp
・一般社団法人日本アミューズメントコンプライアンス協会理事長 ホームページ⇒http://www.jamca.net/

元セブン&アイグループの本社スタッフ。パチンコ企業にスカウト採用され、営業部長、そして、社内大学のメイン講師として活躍。その後、キャリアコンサルタ ントと社労士資格を取得して独立。社員研修と人事コンサルティングで日本各地を飛び回っている。これまでのコンサルティング企業数は延べ300社以上、研修の受講者数は15万人を超える。業界誌にも複数連載し、ナンバー1社員研修講師と評判が高い。

関連記事

ニュース一覧へ