PiDEA ニュース

連載•その他

【日曜】藤崎敏郎の人材育成セミナー第5回

2014.08.11

どうしたら人が育つか

研修で心構えを話すことがあります。心構えを話して、部下のやる気を引き出すことも、人を育てるために必要なのです。そんな話の一つを教えましょう。例えば、ホールの仕事を単純作業だと思っていて、ただ、時間が過ぎることだけを考えているような部下にはふさわしい話しかもしれません。三人のレンガ積みの職人の話です。

[三人のレンガ積みの職人]

~アラブの王様が、炎天下働いている3人のレンガ積みの職人に、「あなたは、何をしているんですか」と質問しました。3人は、次のように答えました。

♦第1の職人~見れば分かるでしょ。

ただ、レンガを積んでいるんですよ。この暑い中、毎日、レンガを積んでいるんですよ。いやになります。

♦第2の職人~うーん。そうですね。

寸法通りの壁を作っているんですよ。どういう目的かは知らないんですが、言われた通りに壁を作っているんです。

♦第3の職人~ここの仕事を始める前に、

この家に住む若い夫婦のことを聞いています。その夫婦の夢は、○○のような家に住むことだそうです。私は、その夢に応えるべく、一つ一つ、レンガをしっかり積んでいます。レンガ積みを通じて、私は、りっぱな家を作っています。

こんな話なんですが、部下に今の仕事に置き換えて、自分はどの職人かなと考えさせるといいですね。毎日、時間だけが過ぎればいいと思っているのが第1の職人。上司の言われたことだけやればいいと思っているのが第2の職人。そして、目的を持って仕事をしているのが第3の職人。ほとんどの人が第2の職人と答えるケースが多いと思います。この話で、目的を持って仕事をしていた頃を思い出す人もいるかもしれません。この物語を読むと、初心に戻れるかもしれないのです。パチンコの仕事を始めた動機は人によっては違うと思いますが、最初は大きな目標があった人が大半だと思います。

その初心を忘れて、ただ、今は時間だけが過ぎればいいというような仕事をしているのかもしれないですね。

今回の格言は、「初心忘れず!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社パートナーズリンク社長 藤崎敏郎

http://p-link.co.jp/index.html

元セブン&アイグループの本社スタッフ。その後パチンコチェーン店に入社。機械担当部長、営業部長として勤務する。その後、人事コンサルタントとして独立。社員研修と人事コンサルティングで日本各地を飛び回っている。これまでに教えた受講者は10万人以上。業界誌にも複数連載し、ナンバー1人事コンサルタントと言われている。

取得資格:キャリアコンサルタント、販売士1級、社労士、米国NLPマスタープラクショナルコース終了、トレーナーコーチ、メンタルヘルスマネジメント2級

関連記事

ニュース一覧へ