PiDEA ニュース

メーカー・機種・展示会

選択式上乗せゾーンを継承!黄門ちゃまV/オリンピア

2018.04.13

4月12日、オリンピアはパチスロ新機種「パチスロ黄門ちゃまV」の内覧会を平和・上野ショールームで開催した。

平和・オリンピアを代表するタイトルとして、ファンから親しまれている「黄門ちゃま」シリーズ。2015年の「喝」以来となるパチスロシリーズ最新作「パチスロ黄門ちゃまV」は、3種類(約284枚の同色BIG、平均185枚・最大232枚の枚数変動型の異色BIG、最大59枚のREG)のボーナスと、純増約0.8枚のARTで出玉を増やすA+ARTタイプとなる。ART「水戸喝ラリー」の初期ゲーム数は上乗せ特化ゾーン「ハンマープライス」で決定。消化中は小役でマイル獲得抽選が行われ、マイルを貯めることでバトルに発展し、勝利で再度ハンマープライスに突入する。

ハンマープライスは安定感重視の「寡欲」か、大量上乗せに期待の「強欲」を選択できるのが特徴で、4種類ある上乗せタイプの選択比率が変化する。最も上乗せ期待度が高い「家康再臨」が選択されれば、平均250Gの上乗せに期待できるのが特徴。またマイルを累計3000以上貯めることができれば、有利区間1500G完走(エンディング)が濃厚の「水戸革命」も期待できる。演出はこれまでのシリーズ同様「笑撃」がコンセプトで、パロディ演出が盛りだくさん。また出目では右リールの「BAR・チェリーBAR」がチャンス役のポイントになっている。

なおショールームには、昨年10月に導入された「CRめぞん一刻~約束~」(平和)の甘デジタイプ、「CRめぞん一刻~約束~99ver.」も展示。スペックは大当り確率が1/99.9、確変割合51%のループタイプで、通常大当り後の時短はヘソが16回転、電チューが30回転。電チューからの大当りは40%で払い出し出玉960個の16R大当りが期待できる。また通常時のエピソードリーチがミドルタイプの4本から21本へと増えており、めぞん一刻ならではのドラマチックな演出を楽しみたいファンに訴求できる。

導入(開店)日は6月4日を予定。

©C.A.L/2018
©高橋留美子/小学館

関連記事

ニュース一覧へ