PiDEA ニュース

カジノ

北海道北広島市にIR開発を提案/平和

2017.12.15

12月14日、平和は北海道北広島市に対し、統合型リゾート(以下「IR」)開発の提案を2017年12月13日に行ったと発表した。

リリースでは「平和は『もっと楽しめる未来をつくろう』を合言葉に全国に140箇所のゴルフ場を保有・運営するPGMホールディングスを子会社化するなど、社会の発展に貢献する総合レジャー企業を目指しております。その活動の一環として、平和グループでは、2016年12月に「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(いわゆる「IR推進法」)が施行されたことを受け、外部コンサルティングファームを起用し、IR事業への進出可能性等の検討を重ねてまいりました」とかねてからIR事業参入を検討していたとしている。続けて「本年7月31日に特定複合観光施設区域整備推進会議が公表した『特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~』において議論されているIRの要件を満たすことができ、かつ、観光資源、立地優位性などの点で検討した結果、四季を通じて国内外の観光客を魅了し、多様な文化や豊かな自然を誇る北海道において、PGMホールディングスが保有する「札幌北広島ゴルフ倶楽部」(約280万㎡)を活用したIR開発が、以下の観点から最適であると判断し、2017年12月13日に北広島市に対し、当該IR事業の計画を提案いたしました」とPGM社が保有する北広島市のゴルフ場をIR施設として活用する計画を、自治体側へ提案したと説明している。

これは同日付の北海道新聞でも「嶺井(みねい)勝也社長が市役所を訪れ、上野正三市長に提案書を渡した。カジノに加え、国際大会に対応できるゴルフ場を再整備し、5千人規模の国際会議場や大型ホテル、温泉施設、屋外美術館、スキー・スノーボード場などを建設する内容だ」と報じており、「平和はIR事業への参入に向け、外国人を含む来道観光客の伸びに着目。新千歳空港に近く人口・経済規模が大きい札幌圏にあり、自然豊かな北広島の所有地が最適と判断した。海外のカジノ会社や地元企業と企業連合をつくり、自社を中心に2千億円規模を投資する計画で、2万人前後の雇用創出を見込む」と続けている。なお同記事では「道内では苫小牧、釧路、後志管内留寿都の2市1村が誘致しており、北広島市が乗り出せば4カ所目になる」と、現時点では北広島市がIRの誘致を行っていないことも記されている。

関連記事

ニュース一覧へ