PiDEA ニュース

メーカー・機種・展示会

「リング」シリーズ初の小当りRUSH搭載/藤商事

2018.06.13

6月12日、藤商事はパチンコ新機種「CRリング 呪縛RUSH」のプレス発表会を東京支店で開催した。

藤商事を代表する「リング」シリーズの最新作。パチンコシリーズで6作品目、パチスロも通してでは8作品目となる。

従来作品以上のラッキーエアーを体感できる恐怖のビデオデッキ、そしてバイブ機能を装備した貞子の手役物を搭載。スペックは大当り確率約1/297(高確率は約1/93)のSUPER小当りRUSHを搭載する確変ループタイプで、確変割合は65%、通常大当り後の時短は7or50回転。

小当りRUSHは突入率は特図1が25%、特図2が40%で、必ず払い出し出玉約1584個の16R大当り後に突入するため、瞬発力の高い出玉感が期待できるのが特徴。演出では十字ボタンで自らサプライズを掴み取る貞子生誕ノ刻、またボタンと貞子の手の両方でバイブを体験できるWデバイスチャンスといった新規演出が搭載されている。

プレス発表会では、営業本部副本部長の中村敏幸氏から「弊社のキラーコンテンツであるリング初の小当りRUSH搭載機で、連鎖の名に恥じない爽快感のある自信作です。専用ユニットとユーザー参加型演出で。貞子の恐怖をリアルに体感できます」と機種紹介が行われ、また商品説明を行った名古屋開発部の渡邉英範氏からは「最も出玉性能が高く、旧基準最後のリングとして魅力を凝縮しています」との開発コンセプトが語られた。

導入(納品)日は8月5日を予定。

(C)1999 鈴木光司 発行:株式会社KADOKAWA 角川書店
(C)1998「リング」「らせん」製作委員会
(C)1999「リング2」製作委員会

関連記事

ニュース一覧へ