PiDEA ニュース

メーカー・機種・展示会

「カンフーレディ・テトラ」元祖4thリール復活/山佐

2018.02.13

2月7日、山佐はパチスロ新機種「カンフーレディ・テトラ」の販売を開始したと発表した。

「カンフーレディ」は功夫をモチーフに、複数コマを使った「チーパオ」図柄が特徴の4号機時代から続く人気シリーズ。

「カンフーレディ・テトラ」は元祖4thリールである「テトラリール」を復活させた、原点回帰のテトラプロジェクト第一弾。テトラリールの停止タイミングや絵柄でチャンスを示唆し、メインリール出目との融合による多彩な演出が楽しめる。スペックはA+RTタイプで、ボーナスの最大獲得枚数はBIGが285枚、REGが117枚(両ボーナスとも簡単な技術介入あり)。RTは2種類のRTが約66%でループする「チャレンジループRT」で、まずBIG終了後にRT「奥義」に必ず突入し規定ゲーム数消化後にはRT「試練」に移行。「試練」中はテトラリールにパンダ師匠が出現したら順押しで右リールに「3連チーパオ」絵柄を狙い、成功すればRT「奥義」へ復帰(失敗しても転落リプレイが成立しない限りRT「試練」は継続)と、技術介入によってRTのループに期待できるのが特徴だ。

通常時の演出は2種類のモードを搭載、「閃光モード」ではリールフラッシュによってチャンス目成立を告知されるほか演出頻度がアップ、また「心眼モード」ではチャンス目成立フラッシュは発生しないが出目と演出の法則でマニアックに楽しめるようになっており、好みに応じてプレイヤーが選択できる。

導入日は3月中旬を予定。

©YAMASA

関連記事

ニュース一覧へ