PiDEA ニュース

連載•その他

展示会ついでに寄ってみたい東上野グルメ第1回は満奈多(マンナダ)

2014.04.24

ということで、いきなりですが毎週金曜日にこの連載を仰せつかりました編集部イチのムダ飯食らい旧ペコペコ侍です。よろしくお願いします。「展示会ついでに寄ってみたい東上野グルメ」の第1回は、王道の「満奈多(マンナダ)」から紹介させていただきましましょう(ご存知の方も多いでしょうが、やはり最初はここでしょう)。

東京メトロ上野駅から徒歩2〜3分で、チマチョゴリなどの衣装を取り揃えている「群山商店」とおなじ通りにある「満奈多(マンナダ)」は、外観、内観ともおしゃれで、お昼時になると付近のOLさんたちでにぎわう人気店です。

メニューは「チゲ(鍋)」がメイン。これが辛くてとにかく美味いんです。「食べログ」の評価3.51も納得なのであります。お通しで出てくるキムチで1杯、チゲで1杯、残りの汁にメシをぶっこんで1杯と、飯を3杯食くえるのが魅力です(キムチとライスはおかわり無料!)。言うことなしです。メニューは「スンドゥブ」「ユッケジャン」「豚キムチ」などなどチゲの宝石箱です。全部美味しいんです。そして杏仁豆腐などデザートまで付いているのです。まさにパーフェクト。

どれかオススメを一つ選ばなければならないとしたら、旧ペコペコ侍は「プデチゲ」(950円)をオススメします。ウィンナー、ハム、卵、野菜に加えて、なんとラーメンが入っているのです。ライスとラーメン。炭水化物のコンボが明日への活力を生み出します。

辛いものはちょっと苦手という方には、トッピングでチーズ(70円)やバター(70円)があります。辛さが和らぎ、味がマイルドになるのです。とにかく、今夏は「満奈多(マンナダ)」の「プデチゲ」で3杯のライスを食べて、激務を乗り越えましょう。

文責:旧ペコペコ侍

関連記事

ニュース一覧へ