PiDEA ニュース

カジノ

リアル・アウトレイジ 大使館カジノでガーナ大使を事情聴取へ

2014.04.02

3月19日、「産經新聞」によると、駐日ガーナ大使公邸を装って客にバカラ賭博をさせる違法カジノを営業したとして、警視庁保安課は、賭博開帳図利容疑で容疑者10人を逮捕した。賭博がおこなわれていたとみられる渋谷区道玄坂のビルはガーナ大使名義で契約されており、保安課は外務省経由で大使の任意聴取を求めている。 北野武の映画「アウトレイジ」で有名になった大使館カジノは、ウィーン条約などで保護されている外交特権を乱用したもので、以前から週刊誌「SPA!」や「FLASH」などが取り上げており問題視されていた。

関連記事

ニュース一覧へ