通しか知らないジャグラーワインの秘密?

2020.01.14 / その他情報

ついに新規則初となるジャグラーシリーズがお目見えした。

2020年、年明けすぐの1月7日にプレス向け発表会、翌8日からはホール向け発表会も開催され、「新しいジャグラー」でありながらも「...

ついに新規則初となるジャグラーシリーズがお目見えした。

2020年、年明けすぐの1月7日にプレス向け発表会、翌8日からはホール向け発表会も開催され、「新しいジャグラー」でありながらも「変わらない安心感」を持ち注目を集めている。
市場を支えるシリーズであるだけに機種スペック自体の注目度はもちろん高いが、その脇で発表会での配布物、いわゆる発表会の手土産もSNSで話題になっている。

その手土産とはコチラのセット。

人気のラーメン系YouTuber「SUSURU TV」と高円寺にあるラーメン店「じゃぐら」とコラボしたジャグラーメン。
さらにジャグラーのオリジナルデザインラベルで装飾されたスパークリングワインである。

オリジナルグッズセット、というと展示会の手土産としてはありきたりにも思えるが、スパークリングワインという「ちょっと違う」特別感から業界関係者がTwitterなどに次々と投稿して噂になっている次第だ。

実はこのスパークリングワイン、これ自体を収納していたクリアバッグもよく見るとジャグラーのキャラクターやGOGOの文字が隠れていてオリジナルデザインの商品だと推測できる。さらにワイン自体にも、ワイン通でなければ気付かないような秘密が隠れていたのだ。

 

スパークリングワインの中でも〝選ばれし銘柄〟だった!

スパークリングワインと一口に言っても、原産国や品種により様々な商品があることは明白だろう。ジャグラーワインの秘密に迫る前に軽くスパークリングワインの有名銘柄について予習したい。

まず、スパークリングワインというと多くの人々が「シャンパン」という言葉を思い浮かべるだろう。このシャンパンというのはフランスのシャンパーニュ地方で生産されたスパークリングワインのことを指し、例えば日本国内で作ったものをシャンパンとは呼ばないのである。
このようにスパークリングワインは原産国・地方や製造方法によって呼び名が変わり、代表的なものではスペイン・カタルーニャ地方の「カヴァ」、フランスの「クレマン」、イタリアの「スプマンテ」などがある。

今回配られたジャグラーワインを見てみると「Elettra Prosecco」の文字が見受けられ、イタリアの「プロセッコ」という銘柄であると判明した。プロセッコとは北イタリアのヴェネト州で生産される、スプマンテの一種。スプマンテの中でも「グレーラ種」という白ぶどう品種を85%以上使用したものだけが「プロセッコ」を名乗ることができる。

ここでラベル以外の部分も見てみよう。上部のキャップシールに注目すると、脇に青く細長いラベルが貼ってある。そこに描いてあるのは「DOC」という表記。

「DOC」というのは正式名称「デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ」という原産地認定、つまり特定原産地や特定製法を守っていないワインを排除するためのイタリアの認定制度だ。ワイン生産が盛んなイタリア国内の中で「DOCG」「DOC」「IGT」「Vino」というランクに応じた認定制度、つまり格付けのようなものがあり、DOCは上位2番目のランクである。

DOCワインに貼り付けられた〝オリジナルラベル〟の謎

品種と製造方法が制限され、格付けも得ている「選ばれしワイン」となれば、その格式は高く、通常であればオリジナルラベルを作成して販売・配布することなど、ぶどう生産者やワイナリーが認めることなどない。
しかし、今回のジャグラーワインはオリジナルラベルが貼ってある。

筆者もプレス発表会にてワインを受け取った際には、「よくある名入れサービス付きの業務用記念品かな?」くらいに考えていた。しかし、銘柄から考えると違和感が残る。何より手土産で大量に配れるほどの価格で収まるだろうか?とも思ってしまった。ここからは推測になってしまうが、ジャグラーの新時代を華々しく幕開けするために採算を度外視してまでも銘柄にこだわり、こだわりを実現するために生産者と交渉をしたのかもしれない。

ちなみに、なぜワインなのか?。この答えに気付いている人はたくさんいるだろう。ジャグラーの図柄といえば「ぶどう」、ぶどうといえばワイン、そういうことだ。

ではなぜプロセッコだったのか?。これは使われているぶどう品種、グレーラ種に秘密があると思われる。グレーラ種の実物写真を見てほしい。

どことなくジャグラーのぶどうと形や色味が似ているように思われる。北電子は本気で〝ジャグラーのぶどうで作ったワイン〟を探し出したのかもしれない……。

 


ワイン用クリアバッグ、その本当の意味知ってますか?

ちなみに、ワイン自体が入っていたオリジナルデザインのクリアバッグ。そのデザインをよく見るとジャグラーのキャラクターが隠れていることは冒頭でも記したが、このバッグの〝使い方〟を知っているだろうか?

このクリアバッグはワイン専用、特に白ワインやスパークリングワインで利用されることが多いもの。ビンへの衝撃保護、運搬という役目に加え、実はワインクーラーの役目も併せ持つ。冷やして飲むことが前提となる白やスパークリングを例えばキャンプやピクニックに持って行った際、持ち運んできたクリアバッグそのものに水と氷を入れれば、ワインを簡易的に冷やすことができるのだ。

と、ワインの豆知識をお伝えさせていただいたが、察するに今回の手土産セットは予想以上に〝手の込んだ品物〟だろう。だが、そんな説明はセットの中や配布された資料などに一切記載されていない。
一目で誰もが馴染めるセットでありながら、通だけが気付く深さもある。そんな品物に〝シンプルながら奥深い〟ジャグラーという存在感を感じたような気がした。

ワイン, ジャグラー, アイムジャグラーEX, SUSURU TV, ジャグラーメン, 北電子, プロセッコ
エロイムエッサイム5ヶ月

なるほど!
勉強になるなぁ。面白い!!

返信する 0