大手法人機械対策課SH@CKの新台講座「SガンダムX-OVER」

2019.09.23 / 連載

LINE@限定でSH@CK氏オススメ機種の分析データを配信中。予告ナシ!再配信ナシ!今のうちにPiDEA LINE@に登録を!

【月曜】大手法人機械対策課SH@CKの新台講座

...

LINE@限定でSH@CK氏オススメ機種の分析データを配信中。予告ナシ!再配信ナシ!今のうちにPiDEA LINE@に登録を!

【月曜】大手法人機械対策課SH@CKの新台講座

今週は10月7日導入開始予定「Sガンダム クロスオーバー」(ビスティ)全国10,000台

先週より稼働開始された「P逆襲のシャア」が好調な初動となったガンダムシリーズの最新スロットがリリース開始!
ガンダムと言えば、アニメから始まり、ゲームやプラモデルはもちろんの事、一昔前にはガンダム消しゴムやカードダスなど様々な分野で展開されて人気だ。今回はカードバトルがベースとなっており、機種名の通りに3つのガンダムシリーズがクロスオーバーした演出となっている。「ファースト」「Z」「逆襲のシャア」と過去に機種が登場している作品が全てクロスオーバーしており、「逆襲のシャア」導入から間も無くのリリースであるので相乗効果に期待したい!

スペック

そんな本機はAT純増変動型となっており、基本情報は以下。

《基本スペック》

設定 CZ確率 初当り確率 出率
1/116.3 1/296.4 97.3%
1/117.4 1/285.8 98.8%
1/117.5 1/285.0 100.7%
1/117.8 1/286.6 103.5%
1/118.6 1/271.2 107.2%
1/119.6 1/222.7 108.6%

《通常・AT仕様》

50枚ベース 約50G
初当りメイン抽選仕様 周期抽選(約120G)※到達でCZ突入
CZ突破期待度 約40%
天井 8周期
AT純増 純増変動型:約1.2〜4.3枚
AT振分(CZ突破時)※設定1 RUSH:53%、ボーナス(30枚/約8%で昇格):47%
RUSH仕様 リアルゲージバトル(1セット最大6戦)
RUSH間インターバル セット間1周期分(有利区間内で最大2セット)

本機はカードバトルというコンテンツを生かし、通常時/RUSH時の両方とも『自軍カード強化パート』と『バトルパート』と別れており、「回胴性ミリオンアーサー」の通常時のフローに非常に近い仕様となっている。

強化パートでは“左・中・右”の各リールに該当したカードを強化し、バトルパートでは20G保証+αの終了までに敵軍のゲージを削り切れれば勝利となる。
ゲージバトルはメイン小役となる押し順ベルの第一停止に該当するカードが攻撃を行う為、強化パートでの各リールの強化具合により展開が大きく左右される。そして、バトル中にショートフリーズが発生した際は、本機の特徴的な筐体ギミックである液晶上部に配置された5枚のカードから選択されたカードの倍数ダメージを与えるようになっている。

バトル勝利後はCZバトルならばAT当選となり、RUSHバトルの報酬は「ガルパン」のように勝利ランクにて次戦以降の勝率に大きく影響する報酬を獲得する仕様となっている。

演出

「回胴性ミリオンアーサー」のゲームフローを『ガンダムシリーズ』に置き換えたものとなっており、総勢80機のモビルスーツ&モビルアーマーが登場し、演出は多彩。カードギミックも実際のカードが搭載されていて、出玉に直接影響するものとなっている為にカードバトル感を強調させる仕様となっている。
とは言え、バトルそのものは3DCGとなっており、カードバトルのチープ感は一切感じられない仕様となっている。

ポイント

本機「SガンダムX-OVER」の訴求ポイントは『コンテンツ』となる。

スペック訴求に関しては、「ミリオンアーサー」とは異なり通常時のバトルパート(CZ)までの周期ゲーム数が不定であり、そのような点などの情報不足で『ガンダムシリーズ』のターゲット層となる中高年齢層が損をする事の無い様に仕様説明はするべきだろう。その他のスペックは現状で実績が芳しくない仕様が多く盛り込まれているだけに深く掘り下げる事は遊技意欲の低下に繋がるリスクがあるので注意が必要だ!

メインの訴求は『ガンダムシリーズ』のクロスオーバーものとなり、総勢80機ものモビルスーツ&モビルアーマーが登場する事は全面的に推し出していき、バトル中に原作通りのマッチングが発生すれば期待度が上がるなど、演出への訴求に専念するべきだろう!

 

本機や先週より稼働開始され大苦戦を強いられている「Sビンゴギャラクシー」など、メインターゲットに適していない仕様が非常に多くなってきている。
メーカーにはもう少しコンテンツ及びターゲット層とスペックの親和性を考えた開発をして欲しいのは言うまでもない事なのだが、一方で店舗側も遊技説明POPだけの手抜きな遊技案内だけでなく、機種によっては遊技中に目の入る所での案内などの努力もするべきだろう。

「CR戦記絶唱シンフォギア」の時でも、SANKYO筐体のクセで発生しやすい上皿満杯での玉詰まりV入賞パンクについてのリスク案内も出来ている店舗と出来ていない店舗で大きく差が生じていた。

さらに新規則機は性能としては現行機に大きく劣るとユーザーも含めて周知の事なのだから、新台を少しでも動かす努力が絶対的に必要な時代である。設置してあるだけで稼働が付く時代はとうに終わっている事を認識すべきだろう。

SH@CK, 大手法人機械対策課SH@CKの新台講座, カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー
エロイムエッサイム11ヶ月

カードを強化してダメージを与えていくなら、好きなモビルスーツやモビルアーマーを選んで育成していくみたいなモードが合ってもいいな。一定のレベルまで達すると特定の演出が解放されていくとか。
スペックも大事だが打つ楽しみ・動機も必要。それと合わせてお店側の設定配分も考えてもらわないとですね。

返信する 0
ラ・カータ狭山本店
MEGA FACE960飯塚
MEGA FACE1450本山
プレイランドキャッスル小牧店
マリーナサンライズ
Pミニミニモンスター4 a
P大工の源さん超韋駄天YTA
PモモキュンソードMC
CR聖戦士ダンバインFWN
Pひぐらしのなく頃に〜憩〜AZ
Sいろはに愛姫
S BLACK LAGOON4
Sパチスロ真・北斗無双
SLOTギルティクラウン
BLACK LAGOON2
コロナの爪痕と再生への道のり
vol.167
コロナの爪痕と再生への道のり