大手法人機械対策課SH@CKの新台講座「P GⅠ DREAM ROAD」

2020.03.09 / 連載

LINE公式アカウント限定でSH@CK氏オススメ機種の分析データを配信中。予告ナシ!再配信ナシ!今のうちにPiDEAのLINE公式アカウントに登録を!

【月曜】...

LINE公式アカウント限定でSH@CK氏オススメ機種の分析データを配信中。予告ナシ!再配信ナシ!今のうちにPiDEAのLINE公式アカウントに登録を!

【月曜】大手法人機械対策課SH@CKの新台講座

今週は4月6日導入開始予定「P GⅠ DREAM ROAD」(サンセイ)全国7,000台予定

2011年に当時のMAXタイプで初代がリリースされた、実名馬が多数登場する本格競馬パチンコ「GⅠシリーズ」。2013年にはシリーズ第2弾が登場したが、このたび満を持して最新作が「P機」になってリリース開始だ!

厳密にいえば過去シリーズは「GⅠドリーム」であり本機は「GⅠドリームロード」と機種名が異なり、正統後継機か否か、メーカー側の意図は不明だ。
というのも過去シリーズのメインスペックは潜伏確変をゲーム性とした約1/399のMAXタイプで、本機とは確率やゲーム性が大きく異なる。ただし突破型のスペックであり、最上位状態での期待出玉は非常に尖った仕様となっている点は同じといえる!

スペック

そんな本機のスペックは約1/219.9のミドルV確ループタイプとなっている。基本スペックを確認してみよう。

基本スペック
通常時大当り確率 約1/219.9
確変時大当り確率 約1/99.9
確変仕様 V確ループタイプ
時短回数 0回
最上位確変仕様 80%ループ
最上位モードTY(突破2回含) 約9,000個
MY 約16,000個
時速出玉 ※最高値 約10,000個
下限算定値ベース B30

 

大当り振分
特図1
(※三冠チャレンジ中)
ラウンド数 出玉(払出) 状態移行先 次回抽選 振分
10R 約1,500個 確変(電サポ有)
※電サポ無
特図1
※特図2
51%
3R 約450個 確変(電サポ無) 特図2 1%
3R 約450個 通常(時短無) 特図1 48%
特図2
(GⅠドリームロード)
ラウンド数 出玉(払出) 状態移行先 次回抽選 振分
10R 約1,500個 確変(電サポ) 特図2 50%
3R 約450個 確変(電サポ無) 特図2 30%
3R 約450個 通常(時短無) 特図1 20%

上記の表にあるように、最上位確変である「GⅠドリームロード」へは初当り時の1%で直行だが、一般的には特図1の確変51%を2回突破で突入するフローだ。

ドリームロード突入時にはすでに10R確変・約1,500個×2回=約3,000個を獲得した状態で、さらにここにモード期待出玉約6,000発が加わり、ミドルタイプでは破格となる期待出玉約9,000個となるのだ!
ただし、その代償として通常当選時には3R約450個に加え、電サポは一切付与されない仕様となるため非常に振れ幅が大きく、ハイミドル級のMY値となっている。

演出

スペックフローに合わせた上で、さらに本格競馬演出に特化したものとなっており「①初当りジャッジ」「②初当り中確変ジャッジ」「③確変中モード突入ジャッジ」と三冠をモチーフとした3つのレースで表現。

ドリームロード中のレースは1着で10R、2着で3R、3着で通常落ちとなり、競馬の結果と出玉がリンクした作りで徹底されている!

通常を含めた演出では、メインキャラクターの「さつきちゃん」が全面に推し出されており、他社の同系コンテンツとなる「G1優駿倶楽部」でいう「まこちゃん」的な役割を果たしている。

ポイント

本機「P GⅠ DREAM ROAD」の訴求ポイントはコンテンツスペックとなるだろう!

コンテンツ面では、過去シリーズの訴求というよりは親和性が高い傾向にあるギャンブルコンテンツ競馬である事と、スペック訴求にも繋がるキーワード「目指すは三冠王」という点だろう。

スペック面で、ことパチンコに関しては複雑なスペックの機種業績はあまり芳しくない傾向にあり、まして振分グラフが3つもある時点で敬遠される可能性が高く、さらにターゲット層が中高年層となればなおさらだろう。その意味でも上記のキーワードをうまく活用してほしい。
そして、なんといっても約1/200前後のミドル帯の中では破格のRUSH性能となる「1,500個比率50%×80%ループ」は現行ハイミドル機を越える数値である。さらにループタイプの強みとしてSTとは異なり、80%に漏れた際にも必ず出玉を獲得出来る点など、初当り確率からは想像し難い性能である点の訴求を重点的にするべきだろう!

先週より稼働開始された同じ競馬を題材にした「P GⅠ優駿倶楽部」もライトミドル帯では非常に良いスタートを切った。そこから直後にリリースされる本機へと繋がる事に期待だ。
演出解説でも記した通り、女性キャラクターをメインに起用し、さらにカスタムでユーザーの呼び名も任意で変更可能であったりと近しい点が多く、回遊に大いに期待出来るだろう!

 

時期は未定ではあるが、本機のライトVerの計画が立っているとの噂がある。キャラを置かずガチの競馬仕様、加えて遊タイム搭載とのことで、新規則ライト市場が厳しい状況からはとても期待したい!その事も踏まえ、本機の結果が非常に重要になるだろう。

そして前述した通りにギャンブルコンテンツの回遊の良さを発揮し、本機の「競馬」だけでなく以前よりも増加した「麻雀」「競艇」の機種との回遊、さらにその種目自体に参加している人々の流入などの相乗効果も期待したい!

SH@CK, SH@CKの新台講座, P GⅠDREAMROAD